大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

2020-11-17から1日間の記事一覧

ひとつとして、同じ日はなく。

見上げれば、赤の点描。 春に一面の淡いピンク色で楽しませてくれた桜の木も、いつしかその葉を落として。 新しく芽吹いた命が燃え、咲き、葉を繁らせ、そして枯れてゆく。 飽くことなく、繰り返されるこのリズムには、畏敬の念すら覚える。 ただ一日として…