大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。死別や失恋、挫折といった喪失感から、つながりと安心感を取り戻すお手伝いをしております。

サラブレッド

師走の寒空を包む歓喜と、祝福と。 ~2022年 チャンピオンズカップ 観戦記

師走の空を包んだ、歓喜と祝福と。2022年チャンピオンズカップ、ジュンライトボルトが制す。

いつか、必ず。その信念が、拓いた世界。 ~2022年 ジャパンカップ 回顧

いつか、必ず。その信念が、拓いた世界。2022年ジャパンカップ、ヴェラアズールが制す。

【好評発売中】「競馬 伝説の名勝負 GⅠベストレース」!あなたにとっての一番の名勝負は何ですか?

大嵜直人が執筆に参加した書籍「競馬 伝説の名勝負 GⅠベストレース」(星海社新書)が、11月22日(火)発売となりました! あなたにとって一番の名勝負は何ですか? 競馬ファンなら誰もが一度は考えたことのある「歴代最高の名勝負は何か?」。 世代最強…

【本日発売】 大嵜直人が執筆に参加した「競馬 伝説の名勝負 GⅠベストレース」が発売となります!

先般ご案内いたしました、大嵜直人が執筆に参加した書籍「競馬 伝説の名勝負 GⅠベストレース」(星海社新書)が、11月22日(火)本日発売となりました! すでに、都内の大型書店では店頭に並んでいるようです! あなたにとって一番の名勝負は何ですか? …

【ご案内】 雨のマイルチャンピオンシップの記憶に寄せて、ウマフリ様に寄稿させて頂きました。

2009年のマイルチャンピオンシップは、雨の中、カンパニーがラストランを飾ったレースでした。そんな記憶に寄せて、ウマフリ様に寄稿させて頂きました。

初志貫徹、GⅠをも貫く。 ~2022年 マイルチャンピオンシップ 回顧

デビュー以来、揺らぐことのなかったマイル適性への信頼。初志貫徹、GⅠの厚い壁をも貫いた。2022年マイルチャンピオンシップ、セリフォスが制す。

涙雨の馬場、名手が輝かせた天賦の才。 ~2022年 エリザベス女王杯 回顧

涙雨の馬場、名手が輝かせた天賦の才。2022年、エリザベス女王杯。ジェラルディーナが制す。

【ご案内】 大嵜直人が執筆に参加した「競馬 伝説の名勝負 GⅠベストレース」が11月22日(火)発売となります!

先月に続いて、大嵜直人が執筆に参加した書籍が発売となります!11月22日(火)に発売となる「競馬 伝説の名勝負 GⅠベストレース」(小川隆行+ウマフリ、星海社新書)です!

「テイエムオペラオー伝説」プレゼント企画にご応募いただき、ありがとうございました!!

「テイエムオペラオー伝説 世紀末覇王とライバルたち(星海社新書)」のプレゼント企画に、たくさんのご応募をいただきまして、誠にありがとうございました!

大逃走劇を差し切った、覚醒の末脚。 ~2022年 天皇賞・秋 回顧

大逃亡劇、それを差し切った、覚醒の末脚。2022年、天皇賞・秋、イクイノックスが制す。

【ご案内】 美しき「千歳」の名を持つ天皇賞馬について、寄稿させていただきました。

1995年の天皇賞・秋は、美しき「千歳」の名を冠したサクラチトセオーが制しました。そんな記憶に寄せて、「ウマフリ」さまに寄稿させて頂きました。

「テイエムオペラオー伝説 世紀末覇王とライバルたち」発売!たくさんのお声をいただいております!!

10月25日(火)に、大嵜直人が執筆に参加した「テイエムオペラオー伝説 世紀末覇王とライバルたち」が発売となりました! 徐々に全国の書店に入荷しているようで、とてもうれしく思います。 発売日はなんだか落ち着かない気分でしたが、こうして実際に書…

春の雪辱は、仁川で大輪の菊となり。 ~2022年 菊花賞 回顧

春の雪辱は、仁川で大輪の菊となり咲き誇る。2022年菊花賞、アスクビクターモアが制す。

(受付終了)【プレゼント企画!】「テイエムオペラオー伝説(星海社新書)」発売記念!抽選で10名様にプレゼント!!

大嵜直人が執筆に参加した書籍「テイエムオペラオー伝説 世紀末覇王とライバルたち(星海社新書)」の出版を記念して、ブログ読者様10名様に本書をプレゼントいたします!

薔薇一族の悲願は、瑠璃色の新星とともに。 ~2022年 秋華賞 回顧

続く若武者の快挙、薔薇一族の悲願成就。2022年秋華賞、スタニングローズと坂井瑠星騎手が制す。

【ご案内】 大嵜直人が執筆に参加した「テイエムオペラオー伝説 世紀末覇王とライバルたち」 10月25日(火)発売です!

昨年に続いて、今年も星海社様の新書に執筆をさせていただきました。10月25日(火)に発売となる、「テイエムオペラオー伝説 世紀末覇王とライバルたち」(小川隆行+ウマフリ、星海社)です。

20年前の記憶を呼び覚ます、7年目の気鋭と枯れぬ7歳。 ~2022年 スプリンターズステークス 回顧

20年前の記憶を呼び覚ました、7年目の気鋭。過去が昇華し、未来が輝く。2022年スプリンターズステークス、ジャンダルムと萩野極騎手が制す。

力の証明、ステイヤーの矜持。 ~2022年 宝塚記念 回顧

2022年、宝塚記念。空前絶後のハイペースを押し切りGⅠ3勝目を挙げた、タイトルホルダー。空梅雨の阪神、その青空は、ロンシャンへとつながっているか。

1年越しの宿願、同じ舞台で果たす。 ~2022年 安田記念 回顧

ダービー・ロスに浸る間もなく、安田記念はやってくる。 春の府中GⅠ5連戦の掉尾を飾る、マイル王者決定戦。 紛れの無い府中のマイルを舞台に、歴戦のマイラーたちがしのぎを削る。 2022年の今年は、2月に同じ舞台のGⅢ東京新聞杯を4連勝で制し、マイルは5戦…

6度目の戴冠、6万人の歓喜。 ~2022年 東京優駿(日本ダービー)回顧

2022年、日本ダービー。武豊騎手、6度目の戴冠はドウデュースとともに。夢追い人たちの旅路は、秋のロンシャンへと。

不屈の桜は、二度咲く。 ~2022年 優駿牝馬(オークス) 回顧

2022年、オークス。発馬前のアクシデントを乗り越え、二冠を達成したスターズオンアース。久々の美酒に酔ったルメール騎手のコメントにあった、「アーモンドアイ級」の賛辞。秋が、楽しみだ。

白き桜の君、風薫る皐月を駆ける。 ~2022年 ヴィクトリアマイル 回顧

2022年、ヴィクトリアマイル。歴代屈指の好メンバーが揃った一戦を制したのは、ソダシ。白き桜の女王が、風薫る皐月を駆けた。

蠍のひと差し、オリオンの猛追を退ける。 ~2022年 NHKマイルカップ 回顧

2022年、NHKマイルカップ。大外枠から冷徹な差しを見せた、ダノンスコーピオン。星座の世界では、オリオンは蠍から逃げ回るとされるが、こちらの「スコーピオン」は「オリオン」の猛追を退けて、3歳マイル王者の座に輝いた。

盾の栄誉を守る、親子三代制覇。 ~2022年 天皇賞・春 回顧

2022年、天皇賞・春。伝統の春の盾を制したのは、タイトルホルダーと横山和生騎手。菊花賞の重み、そして盾の栄誉を守る、親子三代制覇となった。

群雄割拠を断つ、後の先。 ~2022年 皐月賞 回顧

2022年、皐月賞。群雄割拠の混戦を制したのは、ジオグリフ。福永祐一騎手の「後の先」に導かれ、クラシック一冠目の栄誉に輝いた。

その走りが、輝かせるもの。 ~2022年 中山グランドジャンプ 回顧

2022年中山グランドジャンプ、オジュウチョウサン。生ける伝説は、なおも現在進行形。もう、生きているうちに、こんな名馬には出会えないかもしれない。そんな寂寥感すら覚える、絶対王者の走り。

追憶の、黄・黒縦縞・袖青一本輪。 ~2022年 桜花賞 回顧

川田将雅騎手の手綱に導かれ、差し切ったスターズオンアース。黄・黒縦縞・袖青一本輪の勝負服は、どこか追憶の中にあった。また今年も、桜が咲く。桜が、散る。

吹き荒れた春の嵐、初めての戴冠。 ~2022年 高松宮記念 回顧

2022年3月26日、日本時間の深夜からドバイ・メイダン競馬場で行われた「ドバイワールドカップデー」。 総勢22頭の日本馬が遠征、GⅠドバイシーマクラシックなどを含む5つのレースを制する活躍を見せた(GⅠドバイターフのパンサラッサは1着同着)。 かつての…

【ご案内】スプリント戦線で輝き続けたセイウンコウセイに寄せて、寄稿させていただきました。

2017年の高松宮記念の覇者、セイウンコウセイに寄せて、ウマフリ様に寄稿させていただきました。人の縁と、走り続けることの尊さと、大変さと、偉大さと。たくさんの魅力が詰まった、愛すべき名馬でした。

【ご案内】稀代の名牝・シーザリオに寄せた記事を、寄稿いたしました。

稀代の名牝・シーザリオが亡くなりました。日米オークス制覇という偉業もさることながら、繁殖に上がってからも、3頭の種牡馬を輩出した、稀代の名馬であり名牝でした。そんなシーザリオに寄せて、ウマフリ様に寄稿いたしました。