大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。死別や失恋、挫折といった喪失感から、つながりと安心感を取り戻すお手伝いをしております。

やさしい心理学

たとえ差し伸べられた手を払いのけたとしても、自分を責めるにはあたらない。

自立が極まると、自分に愛を差し向けてくれた人に対して、攻撃的な態度を取ってしまったりします。その罪悪感は強烈ですが、それでも、自分を責めるにはあたらない、というお話をさせていただきます。

自立の心理と、「味方討ち」の罪悪感の問題について。

自立の人が抱く罪悪感のなかでも、非常に大きいのが「味方討ち」の罪悪感です。その心理と、受けとれない自分をどう扱っていくか、というテーマをお伝えします。

他人をコントロールする心理の最大の問題は、「愛が受けとれなくなること」こと。

コントロールは「自立」の典型的な症状ですが、その最大の問題は、「愛が受けとれなくなること」です。コントロールするよりも、それを手放して、委ねていくことが、豊かさを受けとるカギになります。

思い通りにいかないときは、流れに身を委ねるタイミング。

心理学を使うことで、相手やできごとをコントロールしたくなることがあります。そのコントロールが叶わないと、とても苦しいのですが、それは流れに身を委ねるチャンスでもあります。

心理学を学ぶのは、自分の心を磨くために。

心理学を学ぶのは、誰かの心を覗いたり、他人をコントロールするためではありません。そうではなくて、自分の心を磨くために使うとき、心理学の知識は黄金の輝きを放ちます。

「信頼」とは、相手やものごとをコントロールするためのものじゃない。

「信頼」ができれば、相手やものごとが変わってくれるはず。そんな風に考えてしまいがちですが、「信頼」とは誰かをコントロールするためではなく、自分自身のためにするものです。

自分を「信頼」している状態とは、こんなイメージ。

「信頼」ができているとき、私たちは相手の動向や結果へのこだわりが薄れます。ここに無い何かを求めるよりも、自分がいまここにいることに、深い喜びを感じられるようになります。そんな「信頼」のイメージを、お伝えします。

自分とのつながりを取り戻すためには、感じていることに嘘をつかないこと。

自分とのつながりが切れていると、なかなか自分や相手や世界を「信頼」することができません。そして、自分とのつながりを取り戻すためには、自分の感じていることを大切に扱う必要があります。

自分の愛とつながるとができると、心は落ち着きを取り戻していく。

「期待」したり「心配」したり、相手の動向に自分の心が揺れるとき。そんなときは、自分の愛とつながることができると、心は落ち着きを取り戻していきます。

「期待」も「心配」も、その奥にある愛とつながることで「信頼」へと変えていくことができる。

「期待」も「心配」もしてしまうのが、私たちです。けれども、その奥にある愛とつながることができると、それらを「信頼」に変えていくことができます。

「期待」を「信頼」に変えていくためには、まずは「期待している自分」に気づくこと。

「期待」も「信頼」も、私たちの心のなかには両方あるものです。そのなかでも、「信頼」を増やしていくための考え方について、お伝えします。

相手を「信頼」すること、「期待」することは、何が違うのだろうか?

「信頼」と似て非なるものに「期待」があります。その二つには、自分とつながっているのか、現実と向き合えているのか、という違いがあります。

「信頼」は「祈り」と似ていて、裏切られることはない。

「信頼」と「祈り」は似ています。どちらも、自分に主体性があり、裏切られることはないからです。

「祈り」とは非指示的に想いを寄せることであり、「手放し」や「許し」がそれをもたらしてくれる。

「祈り」とは、その対象に想いを寄せ、愛を贈ることを指します。それは、結果を期待するのではなく、非指示的なものであり、それゆえに自分自身もまた幸せを感じることができる心のはたらきです。

誰かの幸せを祈るとき、私たちはとても大きな幸せを感じることができる。

誰かの幸せを祈るとき、私たちはとても大きな幸せを感じることができます。「許し」や「手放し」は、その境地に私たちを導いてくれるものです。

「手放し」は、寄せては返す波のように進むもの。

「手放し」とは、一直線に進むのではなく、行っては戻り、戻っては行ってを繰り返しながら進んでいくものです。そうした自分の心のゆらぎを許せると、一層「手放し」は進んでいきます。

完璧主義を手放していくことが、自己受容を進めてくれる。

完璧主義があると、どうしても自分に完璧さを求めてしまいます。それを手放していくと、どんないびつな自分であっても、「いまの」自分を受け入れることができるようになります。

「いまの」自分を受け入れることと、「甘え」の関係。

自己受容の大原則は、「いまの」自分をそのままに受け入れることです。しかし、ときにそれは「甘え」に見えてしまったりするものです。そんな自己受容と「甘え」の関係について、考えてみます。

「いまの」自分ができないことを認めるのは、自己受容の一歩目。

「いまの」自分をそのままに受け入れることは、自己受容において最も大切なことの一つです。たとえ、いまできなかったとしても、「じゃあ、それをどうするか?」を考えていくことができます。

いまの自分は、それを決められる自分だろうか?

何かに決めること、肚をくくることを「コミットメント」と呼びますが、そのためには、自分を受け入れ、許すことが必要です。何かの選択で迷ったときは、それを決められる自分になるまで待つことも、一つの方法です。

結果にこだわる「執着」、プロセスを楽しめる「コミットメント」。

「執着」していると、結果ばかりが気になって、いつも急き立てられる感じがするものです。一方で、「コミットメント」ができていると、そこに至る過程を楽しめるものです。結果ばかり気になるときは、どうやったらプロセスを楽しめるか?という視点を持つこ…

「執着」していると焦燥感があるが、「コミットメント」できているとそれが無い。

「執着」していると、結果にこだわり、焦燥感があります。一方で「コミットメント」には、それがありません。その心理の違いについて、詳しく見ていきます。

お酒を手放したときのこと。 ~決断に必要なのは軽やかさ、しなやかさ

何かを決めるために必要なのは、剛直さではなく、軽やかさであり、しなやかさです。私がお酒を手放したときの体験から、そんなことをお伝えします。

「手放す」ために必要なのは、強固な意志というよりは、柳のようなしなやかさ。

「手放す」ときに必要なのは、絶対に曲げない強固な意志ではありません。それよりも、柳のようなしなやかさで、選び続けることが、求められるものです。

執着を手放すための3つのステップ。

「手放し」とは、執着から自分を解放し、自由を与えることを指します。そうした手放しを進めるための3つのステップについて、お伝えします。

「手放す」と決めるのは自分自身だが、そのプロセスは自分一人で歩かなくてもいい。

何かに執着してしまうとき、それを「手放す」と決めるのは自分自身です。ただ、その手放しのプロセスは、自分一人であるかなくても大丈夫なんです。

「手放し」の恩恵は、過去を過去として区別して、いまに意識を向けることができること。

執着していると、私たちの意識は過去にとらわれてしまいます。「手放し」とは、相手やできごととの関係性を過去のものにして、いまに意識を向けさせてくれる心のありようです。

相手の幸せを願えること、そのできごとに感謝できることが、「手放し」ができているサイン。

「手放し」とは、執着から自分自身を自由にしてあげることを指します。「手放す」ことができると、その相手の幸せを願うこともできるし、そのできごとに感謝することもできるようになるものです。

その人を許すことで、私たちは癒される。

「癒し」とは、ものごとの見方がポジティブに変わることを指します。そこに至るためのプロセスを、「許し」と呼びます。

「許し」とは、誰かに教えられるものでもなく、頭で考えてするものでもなく、自分で気づくもの。

カウンセリングでの中核的なテーマに、「許し」があります。それは誰かに教えられるものでも、頭で理解してするものでもなく、自分自身で肚落ちして気づいていくものです。