大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。死別や失恋、挫折といった喪失感から、つながりと安心感を取り戻すお手伝いをしております。

やさしい心理学

喉元にトゲが刺さったライオンに近づくためには、自分を信頼することが求められる。

攻撃とは、助けを求める声である、というテーマです。攻撃をしてくる相手は、いわば喉元にトゲが刺さったライオンのような状態なのかもしれません。そのトゲを抜こうと近づくためには、自分を信頼することが求められます。

不機嫌な態度、不愉快な言動を取る人はとても傷ついていて、あなたの愛を求めている。

不機嫌な態度、あるいは不愉快な行動を取る相手は、とても傷ついているのかもしれません。そして、あなたの愛を求めているのかもしれません。人を愛することのリーダシップについて、お伝えしたいと思います。

超自立の人がこっそりと抱える、「相手を食いつくしたい」というほどの超依存な欲求。

自立的な人は、その内面に「相手を食いつくしたい」と思うほどの、超依存的な欲求をこっそりと抱えていることがあります。その欲求があると、パートナーは距離を置きたくなるものです。その欲求の根源と、その癒し方についてお伝えします。

問題の根っこには未完了の感情があり、それは自分の根源的なアイデンティティを教えてくれる。

生きている中で、形を変えて何度もあらわれる「問題」があります。その「問題」には、未完了の感情という、共通の根っこがあるという見方ができます。そうした「問題」は、自分の最も根源的なアイデンティティを教えてくれる、宝物なのかもしれません。

主導権争いを癒す、「感謝」の偉大な力。

自立的な人は、どうしても自分のなかの「ルール」をめぐって、周りと主導権争いをしてしまうものです。その主導権争いを癒す、一つの方法として、「感謝」があります。「感謝」の偉大な力と、それを感じられるようになるためのヒントをお伝えします。

「ルール」や「観念」は罪悪感がつくることがあり、それは自分のアイデンティティを教えてくれる。

「ルール」は観念やビリーフなどともよばれ、自分が傷つかないようにするためのものです。それは、傷ついた経験のほかに、「罪悪感」からつくられることがあります。それゆえに、「ルール」と向き合うことは、自分の大切なものや、アイデンティティを教えて…

「癒し」とはものごとの見方を変えることであり、それは遅すぎることなんかない。

過去の未完了な感情があると、いまのできごとに影響することがあります。その未完了の感情を感じることができると、過去のできごとに対しての見方を変えることができます。それを「癒し」とよびますが、自分を癒すのに遅すぎることはありません。

「判断」は自分の「正しさ」にこだわるから起こり、「正しさ」は過去の痛みからつくられる。

「判断(ジャッジメント)」の心理と、そのゆるめ方についてお伝えします。「判断」の心理とは、自分の「正しさ」で周りを裁いてしまうことですが、それは関係性に悪影響を与えます。それを無くそうとするよりも、その「正しさ」の裏側にある過去の傷や痛み…

「自立」が過ぎると感情が感じにくくなる理由と、その処方箋。

「自立」していると、感情が感じることが難しくなります。それは、「依存」の時代に思うようにならなかった痛みが、怖いからです。そして、なかなかそれは一人で向き合うことは難しいので、誰かと一緒にすることが求められます。

「信頼」とは、相手の価値を見続けることであり、愛することの一部。

心理学においての「信頼」とは、相手の価値を見続けることであり、愛することの一部です。そのため、たとえ望まない結果が出たとしても、失望したり、落胆したりすることはありません。「期待」や「心配」との違いや、自分の価値と向き合う必要があることを…

「答え」を導くのは直感であり、それは緩んだときに訪れる。

私たちが何らかの悩みを抱いたとき、実はその「答え」も一緒に持っています。その「答え」に私たちを導くのは直感であり、それは緩んだときに訪れるようです。

その「痛み」は、いまの関係ではなく、過去の別の関係からきているのかもしれない。

関係が近い人とのコミュニケーションの中で、「痛み」を感じることがあります。それは実は、その人が原因ではなくて、過去の別の人との関係の中で感じた「痛み」かもしれません。それを、パートナーシップは癒してくれるようです。

隠してしまった自分の要素を、周りに映し出す「シャドウ」の心理。

私たちは、嫌って隠してしまった自分の一部を、周りに映し出します。大嫌いな人、苦手な人は、実はその隠してしまった自分の一部を持っているようです。「シャドウ」とは、生きられなかったもう一人の自分を、見せてくれるようです。

「問題」は自分が選んでいるものであり、また自分自身の才能や資質を見せてくれるもの。

誰でも、生きる中で「問題」にぶつかります。しかし、その「問題」とは、自分自身が選んでいるもの、という視点をご紹介します。そして、「問題」とは、自分自身の才能や資質といった、光の部分を見せてくれるものでもあります。

悲しみに暮れることもまた、自分を愛すること。

「感情」を抑えようとすると、かえってつらくなります。ネガティブな感情はイヤなものですが、それを感じることは、自分を愛することの一つです。「感情」の性質が見せてくれる、私たちの生の希望について、お伝えします。

「感情」を抑えこんだとしても、いつかそれを感じ、癒すことができるチャンスがやってくる。

「感情」という、この不思議な心の動きについて、考えてみます。コントロールすることもできず、ただ浮かんでは消えていく「感情」。もしそれを抑えこんだとしても、いつか感じることができるチャンスがきます。

誰かを責め続けることの怖さと、そこから抜けるための「許し」のプロセスについて。

他人を批判したり、責めたりすると、自分を幸せから遠ざけます。だからといって、「批判しないでいよう」と無理に自分を抑えるのもまた、辛いものです。そうした人の心理と、「許し」という万能薬について、お伝えします。

あなたも私も、全体を完成させる一つのピース。

誰かと心理的に対立していると、どうしても「私が正しい」と我を通したくなります。しかし、たとえその正しさを無理やり押し通したとしても、なぜか満たされないものです。そうした不毛な「主導権争い」を解消するための、一つの見方をお伝えします。

「怒り」を感じたときは、癒しのチャンス。

苦手な人が多いと思われる「怒り」。その奥底には、別の感情が隠されています。それは、普段見ないようにしている感情かもしれませんが、その感情と向き合うことができると、癒しがもたらされるようです。

誰かを許すことができたとき、自分自身もまた許すことができる。

「許し」と聞くと、どこか崇高なもの、清廉潔白なもの、というイメージを持たれるかもしれません。しかし、心理学での「許し」とは、あるものや人への見方を変えることを指します。そんな「許し」のプロセスと大きな恩恵について、お伝えします。

「許し」は利他的でも犠牲的でもなく、自分自身のためにするもの。

周りの人に見える価値や魅力は、すべて自分のなかにあるものです。同じように、他人のイヤな部分、嫌いな部分、許せない部分は、自分が持っているものです。なぜ、そうした部分を「許そう」と言われるのかについて、考えてみます。

「癒着」の心理から考える、自分を満たす、自分を生きる、ということ。

「癒着」しているとき、お互いがお互いに依存してしまいます。そのため、私たちは「癒着」していると、与えることもできないし、受けとることもできません。相手に与えるために、自分に立ち戻ることの大切さについて、お伝えします。

おたがいの自立を阻む「癒着」は、「与える」意識が抜け出すカギになる。

「癒着」していると、お互いが依存しあうことになり、お互いが自立することを阻んでしまいます。それを悪いこととするよりも、「癒着」できるくらい愛が深いと見ることもできます。「癒着」できるほど愛が深い人だからこそ、相手が望むことを考え、与えるこ…

相手のことを考えると、何も言えなくなる「癒着」の心理。

誰かと「癒着」していると、コミュニケーション不全におちいることがあります。そのため、相手との関係性が変化しなくなり、苦しくなります。そうした「癒着」の状態はしんどいものですが、そこから新しい関係性を育むヒントをお伝えします。

「癒着」するのは、つながりが感じられないからであり、それは自分の内面と切れているから。

絆やつながりが切れたと感じたとき、私たちはその代わりに「癒着」します。しかし、そうしたときに切れてしまっているのは、他人とのつながりではなくて、自分自身とのつながりです。そうした「癒着」の心理と、「癒着」できる人の才能について、お伝えしま…

愛しているがゆえに「癒着」もするし、「犠牲」もする。

心理学において「癒着」とは、他人との心理的な距離が、近くなり過ぎている状態を指します。何をしていても相手のことが気になりますし、常に頭の中に相手がいる、とてもしんどい状態です。それは辛いものですが、「それほどに愛したいから」という視点から…

自分を2番手のポジションに置きたがる、三角関係の心理。

三角関係の心理、というものがあります。エレクトラ(エディプス)・コンプレックスとして知られる、異性の親をめぐる葛藤の心理であり、自分を二番手のポジションに置くようになります。その背景と、そこに向き合う恩恵について、お伝えしたいと思います。

あなたの大切な人は、どんな愛し方をする人でしょうか?

百人いれば、百通りの「愛し方」があります。自分の大切な人は、どんな愛し方をする人だろう?そして、なぜ、その愛し方をするのだろう?それを考えることは、大切な人を理解し、関係性を深めてくれます。

「役割」の功罪と、その付き合い方について。

「役割」の心理についてお伝えします。本来の自分を否定される辛い経験から、私たちは「役割」を身につけます。そうした「役割」の功罪と、その付き合い方について、少し考えてみます。

無価値観から忙しくすることがやめられない、あなたへ。

自分の価値が信じられないと、無価値観からのハードワークから抜け出せなくなります。忙しさとは、無価値観の埋め合わせだからです。何もしない、そのままの自分の価値を認めることの大切さと、そこにいたるためのヒントをお伝えします。