大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。死別や失恋、挫折といった喪失感から、つながりと安心感を取り戻すお手伝いをしております。

やさしい心理学

「期待」してしまうほどに与えて欲しかったものは、実は自分が与えることができるもの。

「期待」とは形を変えた要求であり、隠れた依存心の表れです。それゆえに満たされることはないのですが、そこまでして欲しかったものとは、実は自分が与えることができるもの、と見ることができます。

相手を「コントロール」しようとするほどに、自分自身もまた窮屈で不自由になる。

相手を「コントロール」しようとすると、相手も自分も窮屈で不自由になってしまいます。それは、自分が傷つきたくないという不安や怖れから生まれるのですが、信頼を送ることで緩めることができます。

攻撃をしてくる人の心理と、その人とつながりをつくるための「感情的理解」について。

他人を攻撃してくる人は、ある意味でとても傷ついた人です。自分の心身を安全を保ったうえで、その人とつながりをつくるための方法についてお伝えします。

「本来の自分」とは何かを考える前に、いまの自分を受け入れることからはじめよう。

「本来の自分」とは何か?とは、誰もが一度は考えたことのあるテーマなのではないでしょうか。それを考えるヒントと、「本来の自分」に近づくごとに得られる恩恵について、お伝えします。

心が痛いと感じるのは、心が広がろうとしているからであり、そこに得るものがあるという証。

心が「痛み」を感じるとき、それは心が広がろうとしているときです。またそれは、自分にとってそこから得られるものがある、という証でもあります。

「豊かさ」とは、ゼロサムゲームではなくて、感じれば感じるほどに増えていくもの。

「豊かさ」を限られたものととらえると、どうしても競走しようとする心理がはたらきます。けれども「豊かさ」とは、決して限られたものではなく、感じるほどに無限に増えていく性質を持つものです。

たとえ許せなかったとしても、あなたの愛の美しさに何の変わりもない。

自分が幸せでないとき、それは誰かに「復讐」している心理があります。それを癒すのが「許し」ですが、許せる/許せないよりも、そこにあった愛を見つめる視点をお伝えします。

自信のなさからくる「競争」の心理は、もっと自分を愛せる、もっとパートナーと関係性を深められるというサイン。

「競争」とはパートナーや周りの人と争ってしまう心理であり、それは自分に対しての自信のなさがもたらします。けれどもそれは、もっと自分を愛せる、もっとパートナーと関係性を深められるという証でもあります。

周りの人を信頼できなかったりするのは、自分に「自信」がないときであり、「自信」とは経験と自己承認の掛け算で育まれる。

周りの人を信頼できないときは、自分に「自信」がないときでもあります。そして、「自信」とは経験と自己承認の掛け算で育まれるものです。

どうあっても、私たちは心惹かれるもの、愛するものに、自分もなっていく。

私たちが何かに価値や魅力を感じるとき、自分のなかにもその価値や魅力があります。だから、どうしたって私たちは、自分が愛するものに、自分も近づき、やがてそうなっていくようです。

「心配」をしてしまう心理と、それを癒す「祝福」について。

誰かを「心配」してしまう心理の底には、「怖れ」が潜んでいます。それは信頼の欠如ともいえるのですが、それを癒してくれる「祝福」の力についてお伝えします。

「無邪気さ」とは、「罪悪感」を癒すことのできる最高の贈りもの。

「無邪気さ」とは、「罪悪感」を癒すことのできる偉大な力です。そんな「無邪気さ」の持つイメージと、無邪気でいるためのヒントについてお伝えします。

「罪悪感」とは幻想である、という視点。

「罪悪感」は、引きこもるか攻撃するか、という2つの反応を引き起こします。そこでつながるのではなく、「罪悪感」は幻想である、という視点をご紹介します。

「執着」の底には「無価値感」があるから、自分の価値を信じることは喪失体験を癒してくれる。

何かを失ったとき辛いのは、その相手に「執着」しているときです。そして「執着」とは、「無価値感」が引き起こします。だからこそ、自分の価値を信じることは喪失体験を癒し、つながりをつくることができます。

人生で起こる問題は、ずっとそこにあった愛を受けとることを教えてくれる。

人生のなかで問題が起こると、そこから本当の学びが始まります。その学びとは、つきつめていくと、ずっとそこにあった愛を受けとる、ということなのではないかと思うのです。

人生の目的とは、「何をするか」ではなく「どう在るか」である、という視点。

「人生の目的」とは何かを考えたとき、「何をするか」ではなく「どう在るか」の方が本質的なようです。そして、「どう在るか」とは、すなわち自己一致と言い換えることができます。

「価値」とは、何をしたかに宿るのではなく、あなたがそこにいるだけで宿るもの。

周りからの愛を受けとれないとき、私たちは自分の価値を信じていません。そんな「受けとれない」心理と、自分の価値を信じるためのヒントについてお伝えします。

「タイミングは常にベスト」の光と影。

「タイミングは常にベスト」という言葉があります。この先の未来がよくなると希望を持つことと、いまを受け入れることは、「自分の与えられた生を生き切る」ための、両輪のようなものといえます。

「幸せへの怖れ」は「自立を手放す怖れ」であり、それはいままでの愛に気づくことで解消される。

幸せになることは、不幸になるよりも怖いものです。そして、その怖さとは、「自立」を手放すことへの怖れでもあります。そんな心理と、その怖れを癒すためのヒントについて、お伝えします。

本当に望むことに向けて、自分を変えていくために必要なのは、静かな「あきらめ」。

何がしかの問題が起こると、私たちは「自分を変えなくてはいけない」と感じます。しかし、「変わらないと」では、なかなか人は変わりません。自分を変えることについての、一つの視点をご紹介します。

誰かを「非難」したくなる心理と、その緩め方について。

誰かを「非難」するとき、同時に自分のなかに罪悪感を抱えることになり、自分自身を傷つけます。しかし、そもそも罪悪感があるがゆえに、「非難」したくなるという見方もできます。「非難」の心理と、その緩め方についてお伝えします。

「親の期待に応えられなかった」という自己否定の裏側と、その葛藤の癒し方について。

「親の期待に応えられなかった」という想いがあると、罪悪感や無力感を抱いてしまいます。そう感じる裏側には、実は「親が自分の期待に応えてくれなかった」という不満があります。そうした心理と、その葛藤の癒し方について、お伝えします。

「ビジョン」とは指し示されるものであり、指し示すもの。

「ビジョンとは、指し示されるものであり、指し示すものである」禅問答のような、このテーマについて考えてみます。

目の前の人との関係性もまた、自分自身の心のなかの「投影」かもしれない。

自分の心のなかを、外の世界に映し出すことを「投影」といいます。それは、人や物に対しても起こりますが、関係性そのものにも起こりえます。そんな「投影」の心理について、お伝えします。

受け入れがたいパートナーの資質が、自分の人生を前に進めるヒントになる。

人が生きる中では、いろんな場面やタイミングがあり、その時々で求められる資質が違ったりします。そして、受け入れがたいと感じるパートナーの資質こそが、自分の道を前に進めるヒントになることがあります。

問題の原因を「悪いもの」としてではなく、愛から見ると問題が問題でなくなる。

他人との争いや葛藤といった問題が起こったとき、私たちはその原因を「悪いものだ」と考えてしまいがちです。しかし、そうした見方は新たな自己否定を生んでしまいます。その逆に、問題を愛から見る視点について、お伝えします。

「他人に謝れない人」の心理と、それを理解しようとすることの恩恵について。

他人に謝れない人は、その内面に大きな罪悪感を抱えています。もし周りにそうした人がいるならば、それを理解しようとすることは、自分に大きな恩恵をもたらしてくれます。

「一人になりたがる」のも「大切なことを話さない」のも、どちらも相手から拒絶されることを強烈に怖れている。

「一人になりたがる」傾向の人と、「大切なことは離さない」傾向の人がいます。そうした傾向は、やもするとコミュニケーション不全や、ボタンのかけ違いを生んでしまいますが、どちらも拒絶されることを強烈に怖れていると見ると、少し違った世界が見えます。

自分のなかの「当たり前」に価値を認めることが、他人とのコミュニケーションを円滑にする。

私たちは、自分が当たり前にできることには、なかなか価値を感じることができません。しかし、そこに価値を認めることができると、他人とコミュニケーションにも大きな恩恵を与えてくれるようです。

心理学は、他人を分析したり断定したりするのに使うのではなく、自分の生き方にフィードバックするために使うためのもの。

心理学に限らず、いろんなタイプ論・類型論があります。それは、他人を分析したり断定したりするためにあるのではなく、自分の生き方にフィードバックするために使うものです。