大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。死別や失恋、挫折といった喪失感から、つながりと安心感を取り戻すお手伝いをしております。

問題の根っこには未完了の感情があり、それは自分の根源的なアイデンティティを教えてくれる。

生きている中で、形を変えて何度もあらわれる「問題」があります。その「問題」には、未完了の感情という、共通の根っこがあるという見方ができます。そうした「問題」は、自分の最も根源的なアイデンティティを教えてくれる、宝物なのかもしれません。

【ご感想】 母に「ありがとう」を伝えたくなりました。

カウンセリング・モニターのご感想をいただきました。お母さまに、「ありがとう」を伝えたくなった。とても素敵なご感想をいただき、ありがたく思っております。

主導権争いを癒す、「感謝」の偉大な力。

自立的な人は、どうしても自分のなかの「ルール」をめぐって、周りと主導権争いをしてしまうものです。その主導権争いを癒す、一つの方法として、「感謝」があります。「感謝」の偉大な力と、それを感じられるようになるためのヒントをお伝えします。

白き桜の君、風薫る皐月を駆ける。 ~2022年 ヴィクトリアマイル 回顧

2022年、ヴィクトリアマイル。歴代屈指の好メンバーが揃った一戦を制したのは、ソダシ。白き桜の女王が、風薫る皐月を駆けた。

【ご感想】才能や魅力を伝えてくれ、希望に光を当て続けてくれました。

カウンセリング・モニターのご感想をいただきました。安心感があったとお書きいただき、うれしく思います。才能や価値、魅力をお伝えすることは、カウンセリングのなかで私が最も大切にしていることの一つです。

【ご感想】 傾聴型でゆったりと安心して話せました。

カウンセリング・モニターのご感想をいただきました。「傾聴型でゆっくり話せた」というご感想をいただき、ありがたく思います。

立夏の熱田さんは、汗ばむ湿気とともに。

5月、新緑、薫風の季節。その立夏を過ぎたころ、熱田神宮を訪れることができました。

「ルール」や「観念」は罪悪感がつくることがあり、それは自分のアイデンティティを教えてくれる。

「ルール」は観念やビリーフなどともよばれ、自分が傷つかないようにするためのものです。それは、傷ついた経験のほかに、「罪悪感」からつくられることがあります。それゆえに、「ルール」と向き合うことは、自分の大切なものや、アイデンティティを教えて…

「癒し」とはものごとの見方を変えることであり、それは遅すぎることなんかない。

過去の未完了な感情があると、いまのできごとに影響することがあります。その未完了の感情を感じることができると、過去のできごとに対しての見方を変えることができます。それを「癒し」とよびますが、自分を癒すのに遅すぎることはありません。

「判断」は自分の「正しさ」にこだわるから起こり、「正しさ」は過去の痛みからつくられる。

「判断(ジャッジメント)」の心理と、そのゆるめ方についてお伝えします。「判断」の心理とは、自分の「正しさ」で周りを裁いてしまうことですが、それは関係性に悪影響を与えます。それを無くそうとするよりも、その「正しさ」の裏側にある過去の傷や痛み…

「自立」が過ぎると感情が感じにくくなる理由と、その処方箋。

「自立」していると、感情が感じることが難しくなります。それは、「依存」の時代に思うようにならなかった痛みが、怖いからです。そして、なかなかそれは一人で向き合うことは難しいので、誰かと一緒にすることが求められます。

蠍のひと差し、オリオンの猛追を退ける。 ~2022年 NHKマイルカップ 回顧

2022年、NHKマイルカップ。大外枠から冷徹な差しを見せた、ダノンスコーピオン。星座の世界では、オリオンは蠍から逃げ回るとされるが、こちらの「スコーピオン」は「オリオン」の猛追を退けて、3歳マイル王者の座に輝いた。

「信頼」とは、相手の価値を見続けることであり、愛することの一部。

心理学においての「信頼」とは、相手の価値を見続けることであり、愛することの一部です。そのため、たとえ望まない結果が出たとしても、失望したり、落胆したりすることはありません。「期待」や「心配」との違いや、自分の価値と向き合う必要があることを…

「答え」を導くのは直感であり、それは緩んだときに訪れる。

私たちが何らかの悩みを抱いたとき、実はその「答え」も一緒に持っています。その「答え」に私たちを導くのは直感であり、それは緩んだときに訪れるようです。

立夏。もう夏のような、まだ夏でないような。

気づけば、二十四節気の一つ「立夏」を迎えました。春分と夏至のあいだ。春が極まり、暦の上では夏に切り替わる時候です。

その「痛み」は、いまの関係ではなく、過去の別の関係からきているのかもしれない。

関係が近い人とのコミュニケーションの中で、「痛み」を感じることがあります。それは実は、その人が原因ではなくて、過去の別の人との関係の中で感じた「痛み」かもしれません。それを、パートナーシップは癒してくれるようです。

隠してしまった自分の要素を、周りに映し出す「シャドウ」の心理。

私たちは、嫌って隠してしまった自分の一部を、周りに映し出します。大嫌いな人、苦手な人は、実はその隠してしまった自分の一部を持っているようです。「シャドウ」とは、生きられなかったもう一人の自分を、見せてくれるようです。

「問題」は自分が選んでいるものであり、また自分自身の才能や資質を見せてくれるもの。

誰でも、生きる中で「問題」にぶつかります。しかし、その「問題」とは、自分自身が選んでいるもの、という視点をご紹介します。そして、「問題」とは、自分自身の才能や資質といった、光の部分を見せてくれるものでもあります。

悲しみに暮れることもまた、自分を愛すること。

「感情」を抑えようとすると、かえってつらくなります。ネガティブな感情はイヤなものですが、それを感じることは、自分を愛することの一つです。「感情」の性質が見せてくれる、私たちの生の希望について、お伝えします。

「感情」を抑えこんだとしても、いつかそれを感じ、癒すことができるチャンスがやってくる。

「感情」という、この不思議な心の動きについて、考えてみます。コントロールすることもできず、ただ浮かんでは消えていく「感情」。もしそれを抑えこんだとしても、いつか感じることができるチャンスがきます。

盾の栄誉を守る、親子三代制覇。 ~2022年 天皇賞・春 回顧

2022年、天皇賞・春。伝統の春の盾を制したのは、タイトルホルダーと横山和生騎手。菊花賞の重み、そして盾の栄誉を守る、親子三代制覇となった。

誰かを責め続けることの怖さと、そこから抜けるための「許し」のプロセスについて。

他人を批判したり、責めたりすると、自分を幸せから遠ざけます。だからといって、「批判しないでいよう」と無理に自分を抑えるのもまた、辛いものです。そうした人の心理と、「許し」という万能薬について、お伝えします。

あなたも私も、全体を完成させる一つのピース。

誰かと心理的に対立していると、どうしても「私が正しい」と我を通したくなります。しかし、たとえその正しさを無理やり押し通したとしても、なぜか満たされないものです。そうした不毛な「主導権争い」を解消するための、一つの見方をお伝えします。

「怒り」を感じたときは、癒しのチャンス。

苦手な人が多いと思われる「怒り」。その奥底には、別の感情が隠されています。それは、普段見ないようにしている感情かもしれませんが、その感情と向き合うことができると、癒しがもたらされるようです。

【ご感想】今迄中々人に話したことのない事を話せたので良かったです

カウンセリング・モニターのご感想をいただきました。心が落ち着かれたとのご感想をいただき、嬉しく思います。ありがとうございます。

誰かを許すことができたとき、自分自身もまた許すことができる。

「許し」と聞くと、どこか崇高なもの、清廉潔白なもの、というイメージを持たれるかもしれません。しかし、心理学での「許し」とは、あるものや人への見方を変えることを指します。そんな「許し」のプロセスと大きな恩恵について、お伝えします。

【ご感想】 私はありのままの私でいいんだなあと今日のセッションで改めて認めてあげたいとも思いました。

カウンセリング・モニターのご感想をいただきました。リピートでお申し込みをいただき、継続してお話を伺えるのは、本当にありがたい限りです。

【満席御礼】2022年5月度カウンセリング・モニターを募集いたします。

(4月30日追記)※満席になりました。ご応募いただきありがとうございました。※次回6月度の募集は、5月25日(水)に開始を予定しております。 文筆家・心理カウンセラーの大嵜直人のブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。 5月度のカウンセリン…

「許し」は利他的でも犠牲的でもなく、自分自身のためにするもの。

周りの人に見える価値や魅力は、すべて自分のなかにあるものです。同じように、他人のイヤな部分、嫌いな部分、許せない部分は、自分が持っているものです。なぜ、そうした部分を「許そう」と言われるのかについて、考えてみます。

「癒着」の心理から考える、自分を満たす、自分を生きる、ということ。

「癒着」しているとき、お互いがお互いに依存してしまいます。そのため、私たちは「癒着」していると、与えることもできないし、受けとることもできません。相手に与えるために、自分に立ち戻ることの大切さについて、お伝えします。