大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

夏至前の空は青く、そして丸く。

一日中降り続いた雨の日の翌日は、気持ちよく晴れた。 その空の青さに惹かれ、いつもの川沿いを歩く。 目に青いくらいの草たちが、揺れていた。 今日は久しぶりに30度を超え真夏日になるそうで、日差しは強い。 されど風は心地よく。肌に触れる風の感触は、…

触れる、磨く、撫でる、愛を伝える。

「応急手当」などに医療行為にも使われる「手当て」という語は、文字通り「手を当てる」行為から由来すると聞く。 薬も何もなくても、手を当てるだけで、人の身体を癒すことはあるのだろう。 お腹が痛くなってうずくまる子どもの背中を、ゆっくりとさするだ…

完全な、それでいて不完全な。

二日ほど前、梅雨の合間に黄色を見かけた。 タンポポだろうか。 タンポポというと、春先の弥生のころを想うのだが、この梅雨時期の黄色も悪くない。 完全な円ではなくて、少し欠けたその花弁の形が、どこか愛嬌があり美しかった。 いつも、わたしたちは完全…

梅子黄、色について。

時に芒種、梅子黄(うめのみきばむ)。 梅の実が熟して、黄色く色づくころ。 そろそろ梅干を漬けるのに適した梅が出回る頃でもある。 梅雨も盛りか、しとしとと雨が降り続く日も多い。 家の中にいると、雨が降る音を聞くことに、どこか風流を感じる時期でも…

ストレッチ日記 〜受動的に与える、ということ。

さて、なんだかんだと続けているストレッチについて。 まだYoutube動画の先生のように開脚できるようにはなっていないが、それでも終わった後の身体が伸びている感じが心地よく、なんだかんだ続いている。 それにしても、Youtubeの動画では「1週間でベターっ…

足止めの日。

梅雨時の空模様を心配していたが、気持ちよく晴れていた。 月一の仕事、いつもの仕事、少しの遠出。 いつものように、道草をしようと早めに出る。 ナビのない車。 念のため、と表示させていたスマホの地図アプリが、いつもと違う高速の出口を指示する。 二つ…

諦めることと、いまに殉じること。

練習で出来ないことは、試合でもできない。 かつて、部活でサッカーをしていたころ、顧問の先生がよく言っていた気がする。 それは、そうだ。練習でシュートを決められない人間が、試合になると急にバシバシと点を取れるわけはないし、練習で打てない人間が…

紫陽花、喜雨に湿りて。

時に芒種、次候は腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)。 文字通り、蛍が光を放ち跳び始めるころ。 その時候を、梅雨の雨に腐った草が、蛍に生まれ変わると表現する、この美しさが私は好きだ。七十二候の中でも、最も好きな名の一つかもしれない。 いま住…

書評:根本裕幸さん著「ふと感じる寂しさ、孤独感を癒す本」に寄せて

今日は書評を。 私がカウンセラー見習いとして師事している根本裕幸さんの新著「ふと感じる寂しさ、孤独感を癒す本」(清流出版、以下「本書」)に寄せて。 1.人を狂わせる寂しさ 2.寂しさの本質とは何か 3.寂しさがもたらす問題、それを癒すためには …

望郷。

ここのところ、故郷のことを想うことが多い。 思い出す、と言った方が正確だろうか。 不思議と思い出すのは、わたし自身が生まれた頃の晩夏のころの故郷だ。 春の桜並木も、東洋一と謳われた藤棚も、冬の木枯らしと伊吹おろしも、秋祭りも、四季折々の思い出…

6月の夕暮れは黄金に染まり。

時に芒種、あるいは蟷螂生(かまきりしょうず)。 昨年の秋に産み付けられたカマキリの卵から、たくさんの命が生まれるころ。 全国的に梅雨入りし、ぐずついた空が続くころでもある。 今年は異常に早く西日本が梅雨入りしたが、梅雨入りしたとたんに晴天が続…

断酒日記【950日目】 ~積み上げは裏切らない。

さて、断酒して950日目である。 なんとなく区切りがいい数字なので、今日はそれに寄せて書いてみようと思う。 断酒を決めた、あの霧雨降る立冬を前にした日から、950日目も経っていると思うと、感慨深い。 2年7か月も続いていると考えると、かなり長い期間続…

夏よりも夏を想う、水無月の真夏日。

梅雨らしいぐずついた空よりも、湿気を含んだ天気が続く。 それにしても、ずいぶんと気温が高くなってきた。 今日の名古屋は最高気温32℃、真夏日だったそうだ。 考えてみれば、夏至を前にしたこの時期が、一番太陽の力が強まっているとも言えるのかもしれな…

さよなら。

飼っているクワガタが冬眠から目覚めた数日後、入れ替わるようにして2匹のカブトムシが天に召された。 このカブトムシたちは、息子が去年の夏に幼虫から飼育してきたオスとメスだった。 オスは無事に羽化して、立派なカブトムシの形をしていたが、メスの方は…

462日ぶりの勝利、故郷に捧ぐ。 ~2021年 安田記念 回顧

歳を取るごとに、というわけではないが、一年が過ぎゆくのは早い。 想えば一年前の安田記念は、ヴィクトリアマイルを圧勝からの参戦で、史上最多(当時)のGⅠ8勝目を狙ったアーモンドアイが、マイル女王・グランアレグリアに屈した印象深いレースだった。 そ…

芒種、紫陽花変化。

時に芒種。 芒(のぎ)とは稲の穂先の針のような突起を指し、麦などの穂が出る作物を植えるころ。 稲の植え付けに適した時期であるとともに、梅雨入りの報を聞く時候でもある。 今年はもうすでに梅雨入りはしているものの、しばらく晴れ間が続いていた。 昨…

クワガタの帰還、生命の神秘と奇跡。

「減ってる、減ってんだって!」 息子が、そう興奮気味に話してくる。 減ってるというのは、昆虫ゼリーのことらしい。 昨年の夏に飼っていたクワガタたち。 クワガタには越冬する種と、そうでない種がある。オオクワガタ、ヒラタクワガタ、コクワガタは冬眠…

過去の肯定と多幸感、パズルのピースについて。

過去の一切の出来事を肯定したとき、人は多幸感に包まれる。 あぁ、今日この日のために、すべての出来事はあったのか、と。 しんどかったあの出来事も、辛かったあの思い出も、消し去りたかった黒歴史も。 すべてそれが起こってくれたおかげで、いまこの瞬間…

なんにもしないことをしに、熱田さんへ。

「ぼくが一番したいのは、なにもしないことだ」 A.A.ミルンの「くまのプーさん」の童話の最後、「プー横町にたった家」で、クリストファー・ロビンはそう言う。 学校とやらに通うことになったロビンは、魔法の森でプーさんやラビット、いろんな動物たちと無…

ストレッチ日記 ~歳を重ねる恩恵とは。

さて、久しぶりのストレッチ日記である。 書き出しておいて何なのだが、ここのところバタバタしており、1週間ほどストレッチをサボっている。 ある程度、習慣づいたことをやらないのは、結構ストレスである。 歯磨きをしないで寝るようなもので、なんだかお…

皐月の終わりに。

早いもので、今日で5月も終わり。 ついこの間まで、桜がどうのこうのと言っていたような気がするが、季節の移ろいは早いものだ。 気づけば紫陽花が満開を迎え。 吹く風の湿り気に、梅雨を想い。 季節の移ろいは立ち止まらず、ただ流れていることのみが変わら…

円熟と、経験と。 ~2021年 東京優駿(日本ダービー) 回顧

2年ぶりに有観客での開催となった、2021年の日本ダービー。 新緑の風の下、2017年に生を受けた7243頭の中から選ばれし17頭。 ダノンザキッドが骨折による回避で、フルゲートが18頭となった1992年以降では初めてのフルゲート割れとなった。 かつては、賞金が…

土砂降りのダービーの想い出に寄せて、寄稿させていただきました。

明日は競馬の祭典、日本ダービー。 2018年に生を受けたサラブレッド7,242頭の頂点を、今年は選ばれし17頭が競います。 新緑・薫風の気持ちがいい季節のイメージのダービーですが、2009年のダービーは土砂降りの雨のあと、超不良馬場で開催されました。 その…

締切は、いまの自分を正確に映し出してくれる。

締切について、ここのところ考えている。 締切という名の、魔法の杖かつ地獄からの使者。 - 大嵜直人のブログ ↑こちらの記事で、締切が持つ力と、それに追われる悩みについて書いた。 締切がなければ、なかなか形にすることは難しい。 けれど、締切がもう少…

場所の記憶。

時に出会い、また時に別れ。 どこかで話し、またどこかで歩き。 昨日、今日、明日。 時に忘れ、また時に思い出す。 どこかで愛し、またどこかで離れ。 昨日、今日、明日。 あの色の空は、いつ見た空だったか。 遠く離れた地なのか、もう戻らない過去なのか、…

新緑・薫風の熱田さんを歩く。

これぞ新緑、薫風。 車から降りた途端に、そんな言葉が口をついて出てきそうになった。 5月下旬の、熱田神宮である。 その空の青さ、木々の息吹、そして薫る風。 どれもが、完璧だった。 これぞ、新緑、そして薫風。 例年にない早さで梅雨入りして、この心地…

断酒日記【935日目】 ~睡眠は全てを解決してくれる。

さて、断酒して935日目である。 2年半と、少し。なんだかんだ言いながら、続いているものだ。 そういえば、先日コンビニの飲料棚に「ノンアルコールのレモンサワー」を見かけた。 いままで甘くない(=料理の味を邪魔しない)ノンアルコール飲料といえば、お…

締切という名の、魔法の杖かつ地獄からの使者。

締切というのは、物書きにとって魔法の杖であると同時に、地獄からの使者でもある。 締切がなければ、おそらくは何事も形にはできない。 デッドラインがあればこそ、頑張れるし、無理もするし、あたふたしながら間に合わせようとする。 それは、死があればこ…

人の夢。 ~2021年 優駿牝馬(オークス) 回顧

無敗で桜花賞を制した白毛馬・ソダシの二冠なるかが注目を集めた、2021年のオークス。 最大のライバルと目されていた桜花賞2着のサトノレイナスはダービーへの挑戦を表明し、残った桜花賞組と新興勢力が、ソダシにどこまで迫れるかが焦点となった。 圧倒的な…

梅雨入りと紫陽花。

紫陽花が咲き始めた。 梅雨入りの報もあり、目が行ってしまう。 つい先日、黄色いつぼみが大きくなってきたのを見たような気がしたが、季節の流れは数日の間に変わりゆくものだ。 今年は梅雨入りが早かったが、そんな年は紫陽花が咲くのも早くなるのだろうか…