大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。死別や失恋、挫折といった喪失感から、つながりと安心感を取り戻すお手伝いをしております。

弥生の熱田さんは、やわらかな光のなかに。

風があたたさを含むようになったと思ったら、また寒風が吹く。それを繰り返しながら、春は訪れるようです。そんな、弥生のはじめ、熱田神宮を参拝することができました。

未来のお弟子仲間のあなたさまへ。 ~根本裕幸師匠の「お弟子さん制度」に寄せて

誰かのために、人のために。与えたい。そんな想いを持っておられるあなたには、ぜひ根本師匠の「お弟子さん制度」をおすすめします。

愛するために、人は要求することをやめて「自立」する。

人はなぜ「依存」から「自立」するのかについて、考えてみます。「依存」時代に満たされない想いがあったから、というのが第一に考えられますが、もう少し深めると、愛するために人は「自立」するという見方もできそうです。

「依存」時代における未完了の感情は、「自立」を抜けだすカギになる。

「自立」するほどに、私たちはやるべきことが増え、忙しくなり、感情を感じづらくなります。その根本には、「依存」時代の未完了の感情があるのですが、それは「自立」の先へ至るカギになるものです。

季節がめぐるように、心もまた再生を繰り返す。

たとえ、あなたがいま燃え尽きたように感じていたとしても。たとえ、あなたが受け止められないような悲劇に出会ったとしても。それを糧にして、希望を抱くことができる日が、必ずやってきます。

燃え尽きたとしても、心は何度でもよみがえる。

「燃え尽き」の状態になると、もう何もかもが終わったように感じるものです。しかし、終わりとはじまりは同じ場所にあるようです。燃え尽きたとしても、何度でも心はよみがえります。

降り続く雨の日々にも、空を見上げる時間は必要かもしれない。

空を見上げること。何かを見上げること。それは、降り続く雨の日々にあっても、大切なことのようです。私たちを自然に笑顔にしてくれるようですから。