大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

ときに秋は群青色と飴色に似て。

日に日に秋は深まり、空の色が深みを増していくようだ。

群青色、桔梗色、紺藍、菖蒲色…青の色の名前をどれだけ連ねても、この空の色を表すには足りないような気がする。

f:id:kappou_oosaki:20191014104646j:plain

台風が過ぎ去ったあとは、空気が澄んでおり透明感がある。

叩きつけるような雨と暴風が、嘘のようだ。

一見ごちゃごちゃになっているように見えても、それは大きな力で撹拌されているだけなのかもしれない。

f:id:kappou_oosaki:20191014104655j:plain

春先に淡いピンク色を満開にした桜の木も、いつしか飴色から橙色に移り変わっている。

これから冬という生命活動が途絶える季節に向かうのに、エネルギーを感じさせる色に移り変わるのが、不思議でもある。

ロウソクと同じで、最後に最も華やかに散るのだろうか。

それとも、外からは見えないだけで、冬が最も生命としての活動が活発になるのだろうか。

季節の移ろいは、いろんなことを考えさせてくれる。

f:id:kappou_oosaki:20191014101714j:plain

淡い水色、飴色の葉、燃えるような葉脈。

ときに秋は群青色と飴色に似て。

今日も世界は美しい。