大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

秘すれば花なり。

10月に入って、また空の色が少し変わったようです。

 

毎年この時期には、台風が一つ通り過ぎると確実に空気の色が変わる、そんなことを思います。

大気をかき混ぜ、大量の水を南の海から運んでくるほどの、膨大なエネルギー。

その力には、いつも畏怖の念を抱きます。

 

まだ私の住んでいる中部地方は、それほど多くの台風が上陸するわけではないのですが。四国、九州、沖縄にお住いの方からすると、また台風に対して違った感慨を持つのでしょうか。

 

先週末に、一つ台風が通り過ぎていき、また秋の深まりを感じます。

気づけば、秋分も末候、水始涸(みずはじめてかるる)。

稲が頭を垂れ始めた田んぼの水を抜き始めるころ、あるいは、草木が枯れた色になりはじめるころともいわれます。

 

あの夏の暑さと生命力はどこへ行ってしまったのか、寂寥感のある季節になっていきます。

騒がしく鳴いていた蝉の声は、いつしか秋の夜を彩る鈴虫の演奏に変わり。

雷とともに訪れていた夕立は姿を消して、潤いは少しずつ霧散していくようです。

 

そんな中で、咲く花は少しずつ変わっていくようです。

 

f:id:kappou_oosaki:20211006091121j:plain

 

秋の空にあわせたような、そんな花の色。

吹く風の感触と、その色が合っているように感じます。

 

f:id:kappou_oosaki:20211006091115j:plain

 

歩きながら、花を眺めていると、ふと「秘すれば花」というフレーズが浮かびます。

 

秘すれば花なり

秘さねば花なるべからず

 

能の大家、世阿弥のことばだったでしょうか。

 

季節は徐々に過ぎゆき、冬に向けて隠れるいのちも多くなるようです。

夏の間に騒がしかった虫たちも、隆々と伸びていた草々も。

卵や種子に、次代への願いを託し、消えていきます。

 

けれど、その静かな、秘された時間こそ、花なのかもしれません。

 

f:id:kappou_oosaki:20211006091108j:plain

 

なにはともあれ、一年で最も気持ちのよい時候の一つである、今日この時間を愛でたいものです。