大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

断酒日記【825日目】 ~飲み会の空気が、こいしく。

さて、断酒825日目である。

 

2年と3か月ちょっと。

ふとした思いつきからの断酒も、遠いところまできたものである。

 

特に体調面などには変化はなく、淡々と断酒を続けている。

 

しかし、心情的な部分で、ふと。

お酒の席の空気がなつかしく、恋しくなることがある。

 

 

なんとか宣言が、また1カ月延長され。

お酒を含む夜の会食をする機会は、また疎遠になりそうだ。

 

もちろん、望めばそういう機会をつくることもできるだろう。

けれど、総数として減る以上、それに遭遇する機会は減るのだろう。

 

習慣というものは、癖づくとなかなかやめられない。

けれど、一度やめてしまうと、これまたなかなか再開できないものまた、事実ではある。

 

部活の朝練のために毎朝早起きしていたのに、引退したとたんに、起きれなくなってしまうように。

変化は、時に不可逆だ。

 

飲酒、会食、飲み会、歓送迎会、宴会、帰りに一杯…

そうした文化は、なくなりはしないだろうが、個人的な、パーソナルなものにシフトしていくのだろうと感じる。

 

気の置ける、信頼のできる、こころゆるした、そういったつながりの人としか、飲食は難しくなるように思うからだ。

 

マスクを外して会食をする、という行為に対する心理的なハードルは、なかなか下がらないだろう。

 

飲みにケーション、あるいは接待と称されるような、お酒を注ぎながら、食事をしながら仲良くなるということは、もはや過去の遺物になってしまうのだろうか。

 

なくても問題ないのであれば、もともと必要ないものだったのかもしれない。

 

コロ助の騒動はそれを助長しただけで、時代はもともとその方向に向かっていたのかもしれない。

 

 

それでも。

 

時に、飲み会の空気、雰囲気、喧噪のようなものを、ふとこいしく思う。

 

それは、ワープロ、黒電話、土曜日の半ドン、ナゴヤ球場のライトスタンドといった、失われていくものへのノスタルジーと、似ているのかもしれない。

 

なぜかそれは、安い大箱の居酒屋で、妙に味の濃い唐揚げと、薄いビールに酔っ払って、笑っているイメージが、思い出される。

 

その空気が、妙に、こいしくなる。

 

マスクで表情も分からず、透明な板やアルコールで隔てられた世界線には、もはや存在し得ないのだろうか。

 

直近の世界規模の感染症危機だったと聞く、スペイン風邪が猛威をふるったのが、ちょうど大正時代のなかごろ。

 

そこから約100年。

 

人は、隔離と断絶よりも、接触する方を選んできた。

 

いまから100年後、また人は隔離よりも、接触する方向を選ぶのだろうか。

 

それはともかくとして。

いま、飲み会や会食が少ないのが、さびしいのだ。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________