大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

立春。はるかぜ、こおりをとく。

今日は、春立てる日。

立春である。

 

つい先週末は雪が降っていたように思うが、それでも立春と聞くと、どこか風の中にも春の薫りを感じるような気もする。

思い込みというか、プラシーボ効果というか、そういうものもあるのかもしれない。

 

すべてはひとつながりで連続しているとするならば、季節の境目もまた、ほんとうのところはシームレスなのだろう。

 

されど、良くも悪くも、区切りがあると人は安心するものだ。

 

それがあればこそ、こうして春の訪れに耳を傾け、喜ぶこともできる。

 

七十二侯では、「東風解凍、はるかぜこおりをとく」。

東風を「はるかぜ」と読むのが美しく、私の好きな時候のひとつだ。

 

氷が水になる、その一滴。

東の空に曙光を見る、その一瞬。

北風の中に微かな暖を感じる、その刹那。

 

春は、訪れる。

 

「春隣、はるとなり」。

厳しい冬の寒さの中に、どこか春の気配を感じる、そんな言葉を思い出す。

 

春、立てる日。

新しい春が、やってきた。

 

f:id:kappou_oosaki:20210203204117j:plain

立春の朝、東の空はほのかに紅く。

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________