大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

菖蒲華、あやめはなさく。

さて、時候は夏至の次候、「菖蒲華、あやめはなさく」になりました。

 

紫陽花といい、この梅雨時期には、青系統の色がよく似合うようです。

旬のアヤメはどこかにないものかと思い、先日自宅の周りを歩いてみましたが、残念ながら見つけることはできませんでした。

まだ、紫陽花は咲いていたのですが。

 

代わりに、こちらの花が咲きかけでした。

 

f:id:kappou_oosaki:20210630164614j:plain

 

紫君紫蘭、アガパンサス。

こちらも青色系統の色合いが美しく。

 

f:id:kappou_oosaki:20210630164606j:plain

 

まさに咲きかけといった趣で、楽しませてくれました。

 

気づけば、水無月も終わり。

ということは、2021年も半分が終わり。まったくもって、早いものです。

そう聞くと、少し寂しくなったり、焦ったりもしてしまいますが。

 

季節は変わらず、流れていくようです。

そして、それを見つめるわたしという存在は、定点にいるようで、また流れていくようで。

流れていくのであれば、どこへ流れ着くのでしょう。

 

アガパンサスを見ていると、その名を覚えた季節を思い出すようです。

路傍に咲く花を、眺めることを始めたころでした。

 

そこから、たくさんの季節がめぐりゆきましたが。

また、アガパンサスの咲く季節が、戻ってきました。

 

流れて行く先も、また、同じなのかもしれません。

 

今日で一年もはんぶんが終わり。

2021年の前半戦も、がんばりました。

 

後半戦も、また季節のめぐりとともに。

流れていくように。