大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

萩の花に、今年も出会えた。

朝、いつもの道。

紫色の小さな蕾。

 

そういえば、この季節にいつも咲く、萩の花。

アレチヌスビトハギ、だったでしょうか。

 

季節のめぐりというのは、不思議なもので。

日々は何も変わらないように見えて、気付くと大きく変わっていたり。

別れたはずの花に、また再会できたり。

 

季節のめぐりを眺めていると、永遠に続くものなど何もないし、それでいて、失われることは幻想だと感じることができるようです。

 

時の流れは、過去から未来へと流れているのではなくて。

どこか、円環を描いているようにも見えます。

 

昼下がり、涼しさすら覚える日差しの下で。

同じ道を歩くと、朝は蕾だった紫が、咲いていました。

 

この小さな、紫の色。

秋には、この高貴な色が、よく似合うようです。

 

その足元の草むらからは、鈴に似た虫の声が聞こえてきました。

 

移ろう季節の下、ただ私はそこに立っていました。

 

f:id:kappou_oosaki:20210906194844j:plain