大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。死別や失恋、挫折といった喪失感から、つながりと安心感を取り戻すお手伝いをしております。

幸せを感じるのに、条件付けなんて要らない。

何か問題があると、それを解決しないと幸せになれない、と考えてしまいがちです。しかし、真実はそうではありません。幸せを感じるのに、何ら条件付けは要りません。

自分が「犠牲」していることに気づいたときに、それをどう捉えるか?

自分が「犠牲」していることに気づいたとしても、何か悪いことをした、自分は間違っていた、と思わなくていいんです。それよりも、「犠牲」してまで与えたかった、愛したかった、という想いに目を向けてほしいのです。

「犠牲」の心理と、その奥底にある喪失感について。

「犠牲」をしてしまうのは、無価値感ゆえに、自分に役割が必要になるからです。その奥底には、なにか大切なものをなくした喪失感があるものです。

【受付中!】 4月度個人カウンセリングを募集いたします!

文筆家・心理カウンセラーの大嵜直人のブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。4月度の個人カウンセリングを募集いたします。あなたさまのお話をお伺いできますことを、心より楽しみにしております!

誰かを大切にしたいなら、まず自分を大切にすること。

与えたい人や、他人の心情を推し量れる人ほど、自分よりも周りの人を優先してしまうものですが、それは「犠牲」になりしんどくなってしまうものです。誰かを大切にしたいなら、まず自分を大切にすることが必要です。

加害者と被害者の心理的な負の連鎖と、その抜け出し方。

加害者と被害者は、立場を入れ替えながら癒着しやすいものです。そんな負の連鎖の心理と、その抜け出し方について、お伝えします。

欲しくても与えてもらえなかったものは、あなたが与えられるもの。

欲しくても与えられなかったものは、自分が自分に与えていないものです。それはまた、誰かに与えられるものでもあります。そんな不思議なテーマをお伝えします。