大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

春は黄色から始まる。

ここ数年来、この自分になるとくしゃみと目の周りの痒みが止まらない。

特に今日は布団のシーツと枕カバー、パジャマをまとめて洗濯したところ、もう取り入れる傍からひどいくしゃみと喉のイガイガ、目の痒み。

これはあの「症」のしわざかもしれないが、あの病は自己申告制と思っているので、いまだに私は発症していないことになっている。

そんな春のよく晴れた一日だった。

息子と娘と近所の散歩に出かけた。

暖かな陽気は春を通り越して新緑の空気を思わせる。

f:id:kappou_oosaki:20190309190242j:plain

川沿いの木の枝に、新しい色が加わっていた。

茶色一色だった風景の色が変わる。

季節の変化を感じる大きな点だ。

f:id:kappou_oosaki:20190309190232j:plain

鳥たちも気持ちよさそうに泳いでいた。

少し前までの、寒々とした川の景色から大きく変わった。

f:id:kappou_oosaki:20190309190109j:plain

桜のつぼみもふくらんできた。

息子が枝がピンク色になってきたと言う。

たしかに、そのエネルギーが抑えられないかのように、つぼみからピンク色が滲み出てくるように感じる。

それは、毎年眺めている桜の淡いピンク色よりも、ずっと濃い。

なにごとも、秘めているものの方が凝縮されているものだ。

f:id:kappou_oosaki:20190309190121j:plain

見上げれば、たなびく雲の合間に、枝の先のつぼみが。

眺めていて気付いたのだが、冬の間に比べて、枝の先がみんな空を向いている。

目に見えない力が抑えられないかのように、その枝を天に向けて手を広げている。

この時期の桜は、みんなそうなのだろうか。

38年生きてきて、まだまだ桜のことを新しく知ることができるのは、ありがたいことだ。

f:id:kappou_oosaki:20190309190131j:plain

娘が見つけたタンポポ。

春は黄色い色から始まる。

冬のモノトーンや茶色の世界からの変化は、黄色という色で訪れるようだ。

年を重ねるごとに、季節のめぐりに新しい発見がある。

季節のめぐりが、愛おしくなる。