大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

卯月の雨は悲しげなれど、祈りを誘い。

月が変わり、年度が変わった。

 

卯月である。

 

週末からぐずついた空模様は、昼過ぎからまた降り出した。

 

雷乃発声、かみなりすなわちこえをはっす。

 

季節の変わり目は、大気が不安定で雷が鳴ったり、あるいは雪や雹が降ったりもする。

 

卯月、雨、雷。

 

「花散らしの雨」の言葉の通り、咲き始めた桜の花も、少し散ってしまうのだろうか。

 

 

春の訪れの雨は、大地を潤し、植物を育てる恵みの雨でもある。

 

それなのに、どこか悲しげだ。

 

悲しいという感情は、私にとって何かが失われることと結びついている。

 

もう見ることのできない故郷の街の景観、

過ぎ去っていった夏の暑さ、

今生では会うことのできない人たち、

あるいは、もう二度と訪れない、この瞬間。

 

そうしたものは、悲しみと結びつきやすい。

 

そして、悲しみの奥には、その失われたものたちとのつながり、そして、それらへの愛が眠っている。

 

古来において、「愛しさ」とは「かなしさ」と読まれていたように。

 

悲しみと愛は、相似形をしている。

 

けれど、

 

今日のこの春の雨に感じる悲しさは、またそれとも違うような気もした。

 

 

よく晴れた空は、視線を上に向けて、大きく息を吸いたくなる。

 

上を向くと、口角が下がり、自然を笑顔になる。

 

雨が降ると、視線を地に向けて、雨音に耳を澄ませたくなる。

 

下を向くと、目を閉じて、手を合わせたくなる。

 

祈るとき、人は目に見えないもの、大いなるもの、自らの力の及ばないものに、手を合わせる。

 

「愛しさ」が「かなしさ」であるのならば。

 

そうした祈りの対象への「愛しさ」は、「かなしさ」と読めるのかもしれない。

 

卯月の雨は、悲しく。

 

卯月の雨は、どこか祈りを誘っているように思えた。

 

f:id:kappou_oosaki:20200401163034j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________