大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

花は、納期に追われることなく。

昨晩、ご依頼頂いた文章を納品した。

納期、締切、時間的制約というものはプレッシャーにはなるが、何かを生み出す魔法のようにも感じる。

「納期のない仕事は、仕事ではない」とは、若い頃によく聞いた言葉だが、まあそれはそうなのだろう。

こと仕事やビジネスの上では、確かにその通りなのだろうけれど。

それは、生きることにも一般化して考えるべきものでも、ないように感じる。

生きる上で成し遂げなければならない「何か」というものは、存在するのだろうか。

「ある」といえば「ある」のだろうし、
さりとて「ない」としてもさほど驚かないようにも思う。

一つ言えるのは、「自分が」何かをしたいと思うことがあったとして。

それをしないうちに生が終わりを告げることは、ないと思うのだ。

その感覚を、信頼と呼ぶのだろうか。

f:id:kappou_oosaki:20200713175125j:plain

花は、ただ咲く。

納期や締切に追われることなく。

ただ、咲く。

そんなふうに、在りたい。