大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

いつか通った道。 ~2020年ホープフルステークス 回顧

ホープフルステークスラジオNIKKEI杯2歳ステークスから名称変更となり、中山競馬場に施行場所が変更となったのが2014年。

それ以来、施行時期というのが、いつもある種の議論の的となってきた。

 

有馬記念の後か、先か問題」というものである。

 

「1年の締めは、やはり有馬記念」という派と、「有馬記念で負けても、ラストチャンスがある」という派と。

おそらく前者が多数派で、私自身もそうだったのだが、最近は来年への希望あふれる2歳の走りで、1年を締めるのもいいかもしれないと思うこともある。

 

今年は、ホープフルが先、有馬記念が後。

来年は、有馬記念が先、ホープフルが後のようだ。

 

いずれにせよ、その年、その年のの決められたカレンダーで楽しむだけだ。

それは、季節を愛でることと似ているのかもしれない。

 

まあ、どうせ最後の最後は、東京大賞典なわけなのではあるが。

 

 

そんな、ホープフルステークス

 

昨年は、単勝2.0倍の1番人気に支持されたコントレイルが、前評判通りに圧勝。

その後、無敗三冠を達成する快進撃の端緒となった。

 

今年は15頭の若駒が出走してきた。

 

ハナを切ったのはラウンドオブリバティ。

外から主張したタイトルホルダーに行かせず、抑えきれないといった感じで先頭に立つ。

 

1コーナーで首を振っているようにも見え、三浦皇成騎手がなだめていた。

抑え気味に進んだペースはスローとなり、前半1000mを61秒9で刻む。

 

異変が起こったのは3コーナーから4コーナーに至る付近。

変わらず先頭のラウンドオブリバティが、挙動不審な動きを見せていたかと思った瞬間に、外に向かって逸走。

 

競争中止という異例の事態となってしまった。

 

そんな普通でない流れのレースの中、脚を伸ばしたのは1番人気のダノンザキッド。

好スタートを決め、番手集団の外目を確保して、直線抜け出す正攻法での完勝。

川田将雅騎手のエスコートが光った。

 

調教師の安田隆行師は、川田騎手デビュー時の師匠。

このコンビといえば、どうしても2010年のスプリンターズステークス、2011年の高松宮記念とGⅠで連続して降着となってしまったダッシャーゴーゴーが想起される。

 

川田騎手は、勝利ジョッキーインタビューで

 

先生に迷惑ばかりかけてきたので…

 

と潤む目を拭いながら、声を詰まらせていた。

喉元に刺さったような罪悪感も、この大きな勝利によって、師匠への恩返しに昇華されたのかもしれない。

 

これでダノンザキッドは3戦3勝。

新馬東京スポーツ杯2歳ステークスと連勝からの戴冠は、昨年のコントレイルと同じ戦績である。

 

無敗三冠の名馬も、いつか通った道。

その偉大な足跡を追う、来年の春になるのだろうか。

いずれにせよ、今日と同じコースの皐月賞までは、最有力候補の一頭となるだろう。

 

2着にはクリストフ・ルメール騎手のオーソクレール。

こちらも勝ち馬と同じように好スタートからポジションを確保し、内を伸びたが勝ち馬に届かず。

 

4コーナーで逸走したランドオブリバティの影響を受けたようにも見えたが、どうだったのだろう。

 

枠の恩恵も受けながら精一杯の2着と見るか、不利があって不完全燃焼の2着と見るか。

次走を楽しみに待ちたい。

 

3着には武豊騎手のヨーホーレイク。

スタートから少し引き気味の位置に収め、脚を溜める競馬。

末脚は確かで、外を伸びてはきたものの、残念ながら勝ち馬とは差があった。

 

その差は、あくまで現時点でのもの。

年を越して、どこまでその差を詰められるか。

 

その成長とまだ見ぬ新星たちとのせめぎあい。

これから春まで、クラシック戦線の愉しみは尽きない。

 

そして、ラウンドオブリバティ。

2番人気と人気を集め、三浦皇成騎手のGⅠ初制覇の期待がかかっていたが、非常に残念な結果となった。

あまり見ないケースで、外側からは詳しいことは分からないが、能力があることは疑いのない馬であるだけに、残念としかいいようがない。

 

三浦騎手も、負傷により日曜日は乗り替わりとなってしまった。

仕切り直して、また活躍する勇姿をGⅠで見たいと思う。

 

 

来年の春に向けて、輝く光を見たホープフルステークス

ダノンザキッドは、前年のコントレイルに続くのか、それとも父・ジャスタウェイの後をなぞるのか。

楽しみは尽きない。

 

さて、明日は今年最後の大一番、有馬記念

さまざまな想いはあれど、まずは全人馬、無事に完走することを願っている。 

 

f:id:kappou_oosaki:20201208173123j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________