大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

牝馬の時代。 ~2020年有馬記念 回顧

2020年の掉尾を飾る有馬記念

 

夢の対決と謳われたジャパンカップの主役を務めた3頭の出走はなかったが、それでもGⅠ馬8頭と現時点における中長距離路線の主要メンバーが揃ったレースとなった。

 

勝ったのは北村友一騎手の4歳牝馬、クロノジェネシス

逃げたバビットが前半1000mを62秒2のスローペースを刻み、番手集団が固まって形成される中、後方でじっくりと脚を溜めた。

3コーナー付近からマクり気味に進出を開始し、コーナリングの巧みさも利して、直線を向いたときには内のフィエールマンを目標にできる理想的な形。

デビューからコンビを組む北村騎手の手綱も冴え渡った。

 

これで当馬は今年の宝塚記念に続いて、グランプリ連覇。

牝馬としては、昨年のリスグラシュー以来、2頭目の快挙となった。

 

来年は女王として、他馬を迎え撃つ立場となる。

コロナ禍による海外の状況もあるが、どんな舞台でその走りを見られるのだろうか。

1歳下のデアリングタクト、コントレイルとの邂逅も含め、楽しみである。

 

2着に入った11番人気のサラキアには、驚かされた。

アイルランドトロフィー府中牝馬ステークスでの末脚など、夏の小倉以降は本当に充実していたのだろう。

 

スローペースの中、勝ち馬よりもさらに後方での待機から、上り3ハロン最速の末脚を伸ばした。

4コーナーでも後方4番手という、有力どころからさらにワンテンポ遅らせての仕掛けは、松山弘平騎手の肚をくくった騎乗に見えた。

牝馬三冠を達成し、その手綱捌きにはますます充実しているようだ。

 

オーナークラブの規定により、来年春には引退となる。

あと一歩届かかなかったGⅠタイトルは、半弟のサリオスに託されるのだろうか。

 

負けて強しの3着は、フィエールマン。

クリストフ・ルメール騎手は、スタートから積極的に出していって、番手集団の外目を確保。

それにより、13番枠の外枠という不利を解消しようとしているように見えた。

 

さらに、勝負どころでは自分から動いていった形。

堂々の力勝負に持ち込んだが、後方から差してきた2頭に屈する形になった。

ただ、改めて自身の持つ力を見せてくれた競馬だったようには思う。

 

来年は、3連覇のかかる天皇賞・春に向かうとすれば、最有力の一頭にはなるのだろう。

5歳にして、まだ11戦。

大事に使われてきただけに、息の長い活躍を期待したい。

 

 

 

それにしても、1、2、4、5着が牝馬であった、今年の有馬記念(5着は同着)。

有馬記念のみならず、ラッキーライラック、グランアレグリア、クロノジェネシス、アーモンドアイ…稀代の名牝たちが、今年のGⅠ戦線を席巻した。

 

もう慣れすぎてしまった感はあるが、古馬の混合GⅠで牝馬が勝つのは当たり前の風景になってしまったように思う。

これだけ牝馬が活躍すると、当然のハンデとされていたセックス・アローワンスの▲2kgも、もはや強者に有利なルールのように思えてくる。

 

振り返れば、20年ほど前の天皇賞・秋で、エアグルーヴが勝利を収めたことに大きな衝撃を受けたが、令和の今となっては、もはや当たり前になってしまった。

 

uma-furi.com

 

平成は遠くになりにけり、なのかもしれない。

 

 

 

それはともかくとして。

今年はコロナ禍で様々な催事やエンタメが中止となる中、無観客でも競馬開催を止めずに続けて頂いたことは、関係者の尽力に尽きる。

改めて、有馬記念まで無事に開催していただいたことに、感謝したい。

 

コロナ禍の下、無敗の三冠馬2頭の誕生をはじめとして、多くの希望を競馬からいただいた。

重ねて、関係者の皆様には感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

f:id:kappou_oosaki:20201227195423j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________