大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

蛯名正義騎手の引退に寄せて。

出会いと別れの、春。

 

競馬界においても、2月の終わりは別れの時期だ。

家業を継ぐために勇退される角居勝彦調教師、定年を迎える石坂正調教師や松田国英調教師など、今年は8名の調教師が引退となった。

 

そして騎手では、蛯名正義騎手が鞭を置いた。

昨年、調教師試験に合格し、今後は騎手とは違った立場からターフを沸かせることになる。

 

だが、歴代4位のJRA通算2541勝を積み重ねた、トップジョッキーの引退には、やはり寂寥感がある。

 

鬼才・二ノ宮敬宇調教師とエルコンドルパサーを駆って、長期フランス遠征。

「チーム・エルコンドル」の挑戦、初めての凱旋門賞2着は日本競馬史上に残り続ける偉業だ。

 

怪物・グラスワンダーを差し切ったエアジハード安田記念、そしてマイルチャンピオンシップでの春秋マイルGⅠ制覇。

大観衆をあっと言わせたマツリダゴッホ有馬記念

サンデーサイレンス産駒きっての長距離砲・マンハッタンカフェとの絵になるコンビ。

大舞台で負けないアパパネ牝馬三冠は、蛯名騎手の手綱があってこそだったのだろう。

宿願の日本ダービー、届かなかったフェノーメノのハナ差。

そして、二ノ宮調教師とのコンビで、ナカヤマフェスタと再度挑んだ凱旋門賞

 

どのレース、どの優駿とのコンビも印象に残っているが、ベストを挙げろと言われたら、1996年天皇賞・秋バブルガムフェローになるだろうか。

 

それまで主戦だった岡部幸雄騎手が、アメリカのブリーダーズカップに挑戦するタイキブリザードに騎乗することで回ってきた、代打騎乗だった。

 

骨折により春のクラシック戦線を棒に振ったが、菊花賞に向かわず、距離適性を考慮して天皇賞に向かうという、当時としては異例の挑戦。

負ければ、「だから菊花賞に出ておけば」という批判を受けることも十分に考えられる中、藤澤師はその手綱を蛯名騎手に託した。

 

その期待に蛯名騎手は、当時の古馬三強と称されていたサクラローレルマヤノトップガンマーベラスサンデーを、早め先頭の強気の競馬で抑えきる会心の騎乗で応えた。

蛯名騎手の、GⅠ初勝利が、この天皇賞だった。

 

マヤノトップガンの追撃を振り切ったゴールの瞬間、右手を振り下ろしたガッツポーズは、一つの絵画のように私のこころに残っている。

 

「これからは、ファンの皆さんに愛される馬を育てていきたい」

 

無観客での開催のため、YoutubeLiveにて中継された今日の引退式で、蛯名騎手はそう語っていた。

 

明日からは、調教師という立場から、またターフを大いに沸かせてほしい。

 

蛯名騎手、おつかれさまでした。

そして、ありがとうございました。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________