大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

主よ、人の望みの喜びよ。

いつもの時間、いつもの通り道。

 

窓のガラス越しに、道行く車を眺めている。

 

店内には、車の通過音は聞こえない。

途切れなく行き交う車は、どこか無音映画のように見えた。

 

そういえば、今日この店に行かなくちゃならないんだった。

意志ではなく、過去に決めたことのように、その喫茶店に吸い込まれた。

 

カフェオレにしようかと思ったが、逡巡してハウスブレンドを選んだ。

 

苦い、コーヒーの味に、今日は惹かれた。

 

ガラスからは朝の陽光が、斜めに差し込んでいた。

層状になったそれは、天へ伸びる階段のようにも見えた。

 

春の、陽光。

その光の筋の中に、無数の小さな白い粒子が舞っていた。

 

禁煙席のスペースには、もう一組、女性が二人いた。

聞き取れないくらいの、その話し声の音量が、どこか心地よかった。

 

運ばれてきたコーヒーが、豊かな香りであたりを包んだ。

 

目を閉じ、その香りに身を浸す。

 

不思議と、陽の光よりも天井の照明の光が、瞼の裏に張り付いてた。

 

瞼を上げると、落ち着いた茶色の内装が、そこにあった。

 

コーヒーは、想像したよりも苦くはなかった。

 

あまり気に留めていなかった、BGMが変わった。

アップテンポの、ピアノ曲

 

気付けば、二人組の女性がいた場所は空席になり、いつの間にか奥の席に男性が一人で座っていた。

話し声は、聞こえなくなっていた。

 

ピアノ曲が少し煩く感じた。

少し残ったコーヒーは、すっかり冷めていた。

 

そろそろと思い席を立とうとすると、無音になった。

 

次に流れてきたのは、聞き覚えのあるメロディだった。

 

主よ、人の望みの喜びよ。

 

300年も前の、稀代のメロディ・メーカー、J.S.バッハ

いつかどこかで聴いた、ドイツ語の美しいカンタータを、思い出していた。

 

人の望み。

その、喜び。

 

望みとは、喜びなのか。

 

"Jesus bleibet meine Freude"

「主はわたしの喜びを祝福してくれる」、原題はそうだった。

 

上げかけた腰。

もう一度、下ろした。

 

また角度を変えた陽光が、店内の奥まで伸びていた。

 

もう少し、この陽光に浸っていようと思った。

 

f:id:kappou_oosaki:20210318210601j:plain