大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

紫陽花、喜雨に湿りて。

時に芒種、次候は腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)。

文字通り、蛍が光を放ち跳び始めるころ。

 

その時候を、梅雨の雨に腐った草が、蛍に生まれ変わると表現する、この美しさが私は好きだ。七十二候の中でも、最も好きな名の一つかもしれない。

いま住んでいる街では、蛍を見ることはできないが、SNSなどでは蛍を見かけた知人の投稿を見たりして、季節の移り変わりを感じる。

 

空梅雨が続いているのをいいことに、いつもの川沿いの道を歩く。

予報は雨だったが、まだ降りだしてなかった。分厚い雲の下だが、今日は割と湿気の少ない風が吹いていた。

 

やらなければならないこと、やらねばならぬこと、先々の予定、締め切り…あれやこれや、いろんなことが、頭を去来する。

けれど、歩くというのはいろいろな作用をもたらしてくれるようで、しばらく歩いていると、その雑念も輪郭がぼんやりとしてくる。

ランニングも然りだが、何かを繰り返す動作は、ある種の瞑想に似てくるのかもしれない。あるいはただ単に、身体を動かすと思考が抜けてすっきりするだけだろうか。

 

それはともかくとして、こうして歩いている時間は、何がしかのポジティブな効用をもたらしてくれるようだ。

何にもしないことをする時間。それは、やはり大事な時間なのだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20210613163641j:plain

 

アパガンサスの花が、開きそうだった。

そういえば、この時期の花だった。特徴的な、その花弁の形。

薄紫の色が品があり、好きな花だ。

 

紫陽花も咲いていたが、乾いた紫陽花よりも、雨粒に濡れた紫陽花もいいなと思う。

どこでも咲けるけれど、輝ける場所もまたある。

そんなことを思いながら。

 

ふと、頬を水滴が打つ感覚。

降り出したようだった。

降り出すと雨足は早く、いつの間にか桜並木の葉を叩く雨粒の音が、あたりに満ちていった。

 

梅雨らしい、雨。

 

f:id:kappou_oosaki:20210613163652j:plain

 

お望み通りに、雨に濡れた紫陽花が、そこにあった。

 

喜雨(きう)。

何日も雨が降らない日が続いた後に降る、喜びの雨。そんな言葉を思い起こさせる。 

自然相手の農業をしていた時代は、日照りの後の雨は、どれだけ喜びをもたらしただろう。

 

半袖のシャツにも、ぽつぽつと雨粒の跡がついてきた。

 

降るがままに、そのままに。

為すがままに。

 

しばらくそのままで、紫陽花とともに濡れていようと思った。

 

f:id:kappou_oosaki:20210613163702j:plain