大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

電話と、コミュニケーションに寄せて。

電話というのも、不思議なコミュニケーションツールだ。


相手の顔が見られない分、寄り添おうとする。


目を閉じていると、音や香りに鋭敏になるように。


相手の声色、トーン、間合い、ニュアンス…そういったものから、相手の心情を想像し、慮り、聞き、話す。


顔を見ながら話した方が、メリットはもちろんあるのだろうけれど。


それでも、制限は時に豊かさを生む。

 

顔を見られないということが、相手の情感や想いを、想像する手助けになることはある。

 

 

とかく、私たちは目に見えるものを大切にする。

 

形になっているものを、重視すると表現した方がいいだろうか。

 

目に見えるもの。

言葉になったもの。

形になったもの。

あるいは目に見える行動…などなど。

 

けれど、ほんとうに大切なのは、その裏側にあるようにも思える。

 

ことばになる前の、想い。

かたちになる前の、情熱。

おこないの前の、思考。

 

そういったものは、目に見えないのかもしれない。

 

けれど、コミュニケーションにおいては、それを想像することが、他者との架け橋になる。

 

どんな意図で、ああ言ったのだろう。

どういった想いで、この行動をしたのだろう。

いま、何を考えているのだろう。

 

それを想像したとしても、相手がほんとうにそう思っていたのかは、分からない。

 

それを相手に問うたところで、同じだ。

相手が正直に答えてくれるのかは、別問題だからだ。

 

けれど、想像しようとしなければ、他者との間に横たわる、暗く冷たい溝に橋が架かることはない。

 

コミュニケーションとは、その暗く冷たい溝に、橋を架け続ける普段の努力のことであり、それは想像力という人に与えられた素晴らしい能力を必要とする。

 

時に、電話というツールは、その想像力を使うことを、鍛えてくれるようにも思う。

 


さて、そんなことを書いておいてなんだが、以前に比べると電話を使うことが減ったようにも思う。


メールやLINEなどの非同期コミュニケーションの便利さを知ってしまったいま、同期コミュニケーションを強いる電話は、時間泥棒と評判が悪い。


仕事でも、急ぎの案件以外は、メールなりで済ませることが多くなった。


電話をかけること自体が、相手の負担になるかと思うと躊躇してしまう。


新入社員のマナー研修などで、電話応対の項目はいまもあるのだろうか。

 
数年前、ワーカホリックに仕事をしていた時分には、「○○さんから電話ありました。折り返し電話してください」メモの山に埋もれていたのを思い出す。


時代は、変わるものだ。


それでも、急ぎ回答が必要な案件などは、やはり電話に頼ってしまう。


先日も、そんな電話をかけた。


「○○さんをお願いできますか」


「少々お待ちください…」


そう言って、相手の方は保留をする。
流れてきたのは、流麗な、それでいてメロディだった。

 

Here comes the sun, doo doo doo doo

Here comes the sun, and I say

It’s all right


ビートルズの、ヒア・カムズ・ザ・サン。


あれは中学校の頃だっただろうか。
よく、聴いていた。

 

Little darling, it’s been a long cold lonely winter

Little darling, it feels like years since it’s been here

 


ジョージ・ハリスンの甘い歌声を思い出しながら、鼻歌まじりになる。

 

メールなり、チャットなりであれば、発生することもない保留音。

 

その時間というのは、どんな意味付けもできるのだろう。

 

面倒で、無駄な時間でしかないと捉えることもできるし、忙しい最中に、ほっと一息つける時間にもなる。

 

やっぱり、いい曲だなぁ。
たまには電話も、いいものだ。


そんなことを思いながらぼんやりしていたら、電話口から


「……ーし…もしもしーし…」


と聞こえてきた。


鼻歌が聞こえていなかったか、どぎまぎしながら返事をした。

 

顔が見えなくて、よかったと思う。

 

ときには、電話もいいものだ。