大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

木々のざわめき、皐月の風。

早いもので、今日から5月、皐月。

薫風、新緑の季節。

一年で、最も心地よい時期の一つだろう。

 

暦の上では、立春から数えて88日目の「八十八夜」。

どこか感傷的な「夏も近づく…」の唱歌が思い浮かぶ。

新茶の摘み取りの季節、そしていよいよ農作業が本格化する節目の時候でもある。

 

春から夏へ。

冬の眠りから目覚めた生命は、日増しにぐんぐんとその力を増していくようだ。

特に、昼間の時間が長くなったことに、それを感じる。

 

もう来月には夏至がやってくる。

そして、それを過ぎると徐々に昼の時間は短くなっていく。

それを考えると、いまが最も生命力に満ちあふれているのかもしれない。

 

夏至の前に、夏の盛りを感じることは難しい。

けれど、何かを変えるタイミングがあるとするならば、それはその瞬間なのだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20210501152415j:plain

 

川沿いの道も、生命力にあふれた花が咲き乱れ。

黄色も緑色も、いまが盛りなのかもしれない。

 

午後から雨が降るようで、少し湿った風が吹いていた。

それもまた、心地よく。

 

f:id:kappou_oosaki:20210501152359j:plain

 

近くの小学校の近くの公園は、めずらしく誰もいなかった。

連休始まりだからだろうか。

 

変わらず、吹く風が心地よかった。

皐月の風、新緑の香りを運んで。

 

f:id:kappou_oosaki:20210501152349j:plain

 

ベンチに腰掛け、少し目を閉じていた。

 

木々のざわめきが、耳を撫でていてくれた。

新緑の音、薫る風の音。

どこまでも、心地よい音。

 

その音に、遊びにきたであろう子どもの声が混じってきた。

大型連休始まりで学校も休みで、一番楽しい時期だろう。

 

もう少し、このまま木々のざわめき、皐月の風に身を任せていようと思った。