大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

新緑・薫風の熱田さんを歩く。

これぞ新緑、薫風。

車から降りた途端に、そんな言葉が口をついて出てきそうになった。

 

5月下旬の、熱田神宮である。

 

f:id:kappou_oosaki:20210526090112j:plain

 

その空の青さ、木々の息吹、そして薫る風。

どれもが、完璧だった。

 

これぞ、新緑、そして薫風。

 

例年にない早さで梅雨入りして、この心地よい5月の空気を味わうことが、少なかったような気がしていたので、嬉しかった。

  

f:id:kappou_oosaki:20210526090103j:plain

 

麗らかで輪郭のぼやけた春の陽射しとも、

灼けつくような夏の陽射しとも、

澄んでいながら憂いを帯びた秋の陽射しとも、

か細くも確かな冬の陽射しとも、

どれとも違う、この時期だけの陽射し。

 

それを、この熱田神宮で味わうことができたことを、嬉しく思う。

 

f:id:kappou_oosaki:20210526090054j:plain

 

風にそよぐ木々の音、参拝客の玉砂利の音、竹箒で落ち葉を掃く音。

その音の中で、5月の青い空を見上げていると、それだけで満たされるものがある。

静かな中に、すべてがある。

 

それにしても、暖かくなって気持ちのいい気候になったが、真冬とそんなに参拝客の数が変わらないような気がする。 

参道を歩く方は、どの方も自然で、日常に溶け込んでいるように感じる。

 

いろんな理由で、この熱田さんを訪れるの方がいるだろう。

けれど、習慣の中に「神社」があるのは、いいなぁと感じるのだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20210526090240j:plain

 

参道の木漏れ日は優しく、そして力強く。

深呼吸をしたくなるような、その陽だまり。

 

何度も立ち止まり、その木々の青さと、新緑の隙間から覗く陽の光を、眺めていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20210526090231j:plain

 

こころの小径の入り口のあたりから、本殿を望む。

どこまでも気持ちのいい、陽射しだった。

 

一年の中で、いまこの時期しか味わえない感覚。

 

願わくば、もう少しこの気持ちのいい気候が続いてくれるように。

そんなことを願うのは、やはり私のエゴだろうかとも思いながら。

 

でも、そんなエゴを持ってしまうくらい、気持ちいい気候と熱田さんの境内だった、ということにしておこうと思う。

 

f:id:kappou_oosaki:20210526090221j:plain

 

新緑、薫風。

もうすでに、その名残の気配を感じながら、参道を歩いて戻る。