大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

叶わなかった夢は、誰かが叶えてくれる。

思い出したように、息子の野球熱は再燃するようです。

9月に入って初めて晴れたような日の午後、グローブとバット、ボールを持って公園へと。

 

初めてグローブとボールを持って、公園に来た時のことを思い出します。

下からそっと投げるボールに目が追いつかず、なかなか捕ることができずに癇癪を起こしていた息子。

それがいまや、まだ下から投げてはいますが、立派にキャッチボールが成立している。

 

時の流れと、子どもの成長というのは、ほんとうに早いものです。

 

捕っては投げ、投げては捕って。

よくキャッチボールは会話に例えられますが、言い得て妙だなと感じます。

 

相手の胸の前の、捕りやすいボールを投げてあげる。

もちろん、そうしようとするのだけれど、毎回すべていいボールを投げることは難しい。

そんなときは、捕る側が頑張ってフォローしてあげる。

そして、それは瞬時に立場が入れ替わり、今度は受ける番になり、またそれが入れ替わり。

 

まさに、良質なコミュニケーションに必要なことが、すべて詰まっているように感じます。

 

今日の息子は、どうも調子がよくないようで、ぽろぽろとボールをこぼしては、そのたびにブースカと言っていました。

そんな日もある。コミュニケーションと同じなようです。

 

キャッチボールに飽きたら、次はバッティングをして。

それに飽きたら、守備練習のまねごとをして。

延々と、ボール遊びは続きます。

 

前回この公園でキャッチボールをしたときは、灼熱のような真夏の陽射しの下、茹でダコになりながらボールを追っかけた気がしますが、もうその熱気はどこにもなく。

吹く風に、涼しささえ感じます。

 

そろそろ、帰ろうか。

ダメ!まだやるの!

 

そんなやりとりを、何度かしました。

なかなか帰宅のおゆるしがいただけず、私は少し苛立ってきました。

 

もうそろそろ帰って、家事をするなり、ブログや原稿を書くなりしたい。

涼しいとはいえ、何時間も白球を追いかけていると、さすがに疲れてきた。

なぜ、今日はこんなにも捕まるのだろう。

 

互いに投げるボールは乱れ、私と息子の間の空間からは、不穏な空気が醸し出されてきます。

 

いいかげん、帰ろうよ。

ダメ!まだなの!

 

語気が強まる私、その怒気に反応してさらに強情になる息子。

なかなかバットにボールが当たらなくなり、疲労感がずしりと肩と腰に乗っかかります。

 

一つ、大きく息を吐き、汗を拭います。

 

ふと、吹く風に、幼い私を思い出しました。

 

来る日も来る日も、家の壁に向かってボールを当てていた、小さな私。

野球が好きだったけれど、運動神経の鈍かった私は、なかなか草野球の仲間に入ることができず、いつも一人で壁当てをしていました。

 

一人でする壁当ては、それはそれで楽しかったのです。

空想の中で、私はナゴヤ球場の9回裏のマウンドに上がり、相手チームの4番打者と対峙する。2死満塁、絶体絶命のピンチ。

しかし、うなりを上げて伸びる直球と、鋭く落ちるフォークボールで、その4番打者を三振に切って取って、試合を締める。

 

そんな空想をしながらする壁当ては、楽しかった。

けれど、ほんとうのところは、どうだったのだろうか。

 

やはり、草野球の仲間に入って、誰かとキャッチボールをしたり、あるいは試合をして楽しみたかった。

思い切り、日が暮れるまで、誰かと野球をしたかった。

 

そうだったのかもしれません。

寂しかったのかも、しれません。

 

もしかしたら。

その幼いころに叶えられなかった私の夢を、息子は叶えてくれているのかもしれない。

 

ふと、そんなことが、思い浮かびました。

もしそうだとしたら。

誰かの叶わなかった夢も、きっと、誰かが叶えてくれるのでしょう。

 

捕っては投げ、投げては捕って。

 

気持ちのいい金属音を残して、息子の打球が私の後方に飛んでいきました。

 

ホームランだ!

はやく、もっと投げて!

 

打ち気にはやる息子を待たせて、私はゆっくりとボールを拾いに行きました。

風は、やはり秋の香りがしました。

 

f:id:kappou_oosaki:20210905185054j:plain