大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

好きなことには、準備も目的もなくてもいい。

不在届の郵便物を取りに、郵便局へ行きました。

土曜日でも受け取りができるのは、ありがたいものです。

 

久しぶりに営業時間の窓口に行くと、絵葉書や切手が目に入ります。

手紙を書くことが好きな私のこと、季節の絵葉書や切手は、どれだけあっても困らないものです。

 

今日の収穫物は、こんな感じです。

 

f:id:kappou_oosaki:20210904213633j:plain

 

秋の訪れを感じさせる絵柄の、絵葉書。

コスモス、紅葉、ブドウ、柿とネコなど。

 

こういう絵葉書を見ると、四季がある国に暮らすよろこびを覚えます。

 

f:id:kappou_oosaki:20210904213625j:plain

 

そして、目に留まった切手、2シート。

どんなシーンの手紙にも合いそうな、緑のお花の柄のシートと、「おいしいにっぽん」という変わり種のシート。

 

f:id:kappou_oosaki:20210904213617j:plain

 

これがなかなか面白い柄の切手で、見ていて飽きないものです。

どんなお手紙に貼ろうかを考えると、楽しいものです。

 

これらの収穫物を手に、ホクホク顔で帰ろうとしたところ、本来の目的である不在届の受け取りを忘れそうになり、慌てて戻るというオチもありましたが、やはり好きなものに触れると、テンションが上がるものです。

 

大きな成果や、何か劇的な変化などはなくとも。

ほんの小さなことでも、「好き」は自分のこころを上げてくれるようです。

たいせつなのは、その「好き」を感じるセンサーを、鈍らせないようにしておくこと。

 

郵便局から帰る車の中で、あたらめてそんなことを感じました。

 

 

そして、せっかく気に入った収穫物が手に入ったのだから、また手紙を少し書こうと思いました。

ここのところバタバタとしていて、しばらく手紙を書いていなかったようです。

そういえば、今年は暑中見舞いも出しそびれてしまっていました。

 

人は、何か準備をしてから行動すると思ってしまいがちですが。

実のところ、それは逆なのかもしれません。

 

行動するから、いろんな準備が整っていく。

そんなことも、時にはあるようです。

 

たとえば、ギターを弾けるようになりたいと思ったときに、「完全に弾けるようになってから、ギターを買う」という人はいないと思います。

「いまは弾けないけれど、弾きたいからギターを買う」という人が、ほとんどだと思います。

そうしてギターを買うと、練習して弾けるようになっていく。

 

私が学生時代に、チェロを弾きたいと思ったときもそうでした。

弾ける保証などないのに、バイト代と貯金をはたいて、チェロを買う。

買ってしまった手前、弾かざるを得ないので、弾けるようになる。

 

弾けるようになったから、買うのではないと思うのです。

 

楽器で考えると、至極当たり前のように思えますが、一般論として準備と行動の関係にすると、とたんにそれを逆に考えてしまいがちです。

 

手紙を書きたいから、葉書を買う。

もちろん、そうした順序を取ることもあると思います。

けれど、そのような順序を踏む場合は、どうしても「やらなければいけないこと」のような義務のように感じることが多いのでないかと感じます。

 

素敵な葉書があったので買ってみたから、手紙を書く。

この方が、好きなこと、楽しいことをしているエネルギーが乗るような気がします。

 

好きなことには、準備も目的もなくてもいいのかもしれません。

そして、それをしていると、自分がとても満たされるし、それによって周りにもいろんなことを与えられる。

 

自分のこころが動いたことを、まずやってみること。

ときには、そんなことも大切なようです。