大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

蟄虫坏戸、むしかくれてとをふさぐ。

だんだんと、空が高くなってきました。

秋らしい、澄んで吸い込まれそうになる空。

 

秋分を過ぎて、いっそう季節のあゆみが早まったように感じます。

 

七十二侯では、今日から「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」。

寒さを覚えた虫たちが、地中に姿を隠したり、その準備をはじめる時候です。

 

春の啓蟄のころの「蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)」と対になっているのが、なんとも美しいものです。

 

そういえば、息子が飼っている虫たちも、カブトムシは少しずつ力尽きる者が出始め、クワガタは動きが鈍くなってきたように感じます。

息子は、昨年の冬を越冬したクワガタが、今年も越冬して「2年越冬クワガタ」になってくれることを期待しているようですので、そうなってくれるといいのですが。

 

カブトムシのように幼虫で冬を越す虫もいれば、卵の姿で冬を越す虫もいるようで、その生態の豊かさには、いつも驚かされます。

 

それでなくても、虫というのは不思議な存在のようです。

 

幼いころの私が、いつも一人で虫取りに精を出していたこともあるのですが。

 

小さな身体からは、考えられないような力が宿っています。

 

びっくりするような大きな声で鳴くことができたり。

空を飛ぶことができたり。

鎌や針といった武器を持っていたり。

集団の力を見せてくれたり。

 

生の可能性のようなものを、見せてくれているような気がします。

 

その虫たちが、巣穴に隠れて戸をふさぐ時候。

そんな一日を、ゆっくりと味わっていきたいものです。

 

f:id:kappou_oosaki:20210927194632j:plain