大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

枯れゆく彼岸花に。

時に秋分。

昼と夜が同じ長さになる特異点を過ぎると、ほんの少しずつ、夜の時間の方が長くなっていきます。

 

「暑さ、寒さも彼岸まで」の言葉の通り、もう夏の暑さはどこにもなく、空気が澄んで秋の清々しさが感じられるようになりました。

 

あるいは雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)。

夏の間に、たびたび現れていた雷さまが声をおさめ、気持ちのいい秋晴れが見えてくる時候です。

 

秋は空が高くなるといいますが、透き通った空を見上げることは、秋の喜びの一つだと感じます。

 

 

道ゆく花もまた、秋の色を帯びてきたようです。

 

夏の間に咲いていた花に見えた、生命力と力強さ、それとあわせた儚さは、どこかへ霧散したようで。

それに代わって、成熟さと静けさが、秋の花には感じられます。

 

f:id:kappou_oosaki:20210927194632j:plain

 

あるいは、どこか諦念めいたものも、感じられるようです。

 

f:id:kappou_oosaki:20210927194639j:plain

 

時に、人生を季節に例えることがありますが、実りの秋は人生の後半になぞらえることが多いようです。

その終わりに想いを馳せ、あらためて、一日一日を愛でる。

 

f:id:kappou_oosaki:20210927194626j:plain

 

豊かさとは、諦念の裏返しなのかもしれません。

 

そんな情感を味わうのも、季節の移ろいを愛でる楽しみのようです。

 

そんな中で、ひっそりと彼岸花が。

 

f:id:kappou_oosaki:20210927194658j:plain

 

お彼岸も終わり、まるで役目を終えたように、しおれていました。

 

時が満ちれば咲き、時が過ぎれば散り。

どこまでも律義にそのサイクルを続ける花を、しばらく見つめていました。

 

今年の彼岸花は、どこか心の奥底をじわりと染めるような、そんな赤い色をしていました。

また、来年のお彼岸に逢えることを、たのしみに。

 

私はいつも、次のことを思い描くことで、さよならを言わないようにしているようです。

 

そんな私のそばを、ぶぅん、とアシナガバチが飛んで行きました。