大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

神無月の熱田さんは、金木犀の香りに。

10月に入って、少しまた暑さが戻ってきたようでした。

 

熱田神宮へ向かう車中は、元気な太陽にじりじりと照らされて、冷房のスイッチに手が伸びました。

そろそろ衣替えだなと思いつつも、まだ半袖で十分なようです。

 

駐車場に車を停めて降りると、金木犀のあの香りが鼻腔をくすぐりました。

 

あぁ、またこの香りの季節がやってきたのだな。

秋が深まってきたな、とその香りに身を浸します。

 

f:id:kappou_oosaki:20211005191226j:plain

 

秋が、深まる。

春も、夏も、冬も、「深まる」とは言わないのに、なぜ秋だけが「深まる」と表現するのか、不思議に思います。

それでも、この秋の季節の移ろいは、「深まる」と表現することがぴたりとくるような気がします。

 

f:id:kappou_oosaki:20211005191219j:plain

 

気持ちのいい秋晴れの日。

こんな日に参道を歩けるのは、ありがたい限りです。

 

f:id:kappou_oosaki:20211005191211j:plain

 

南の大鳥居の前で。

ぼんやりとその鳥居と秋の空を見上げる私のその後ろで、黒塗りのセンチュリーが音もなく停まり、窓に白いレースのかかった後部座席から、年配の男性が降りました。

ビッと決まった黒いダブルのスーツ。その色から、仕立てのよさが感じられます。

 

男性は、深々と鳥居に向かって一礼して、ゆっくりと参道に向かって歩き始めました。

 

その横では、小さな男の子が、母親と思わしき女性に手を引かれて歩いています。

 

いろんな人が、いろんな想いを持って、境内を訪れる。

こころしずかに参道を歩き、そして、みな同じように手を合わせ、頭を垂れる。

どこかそれは、面白いものだな、と感じます。

 

私も、そのなかの一人なのですが。

 

f:id:kappou_oosaki:20211005191306j:plain

 

参道をゆっくりと歩いていると、遠くで鶏の鳴き声が。

今日も、元気なお声を聴かせてくださいました。

 

その声を聴きながら、深呼吸をします。

心地よい秋の風を胸いっぱいに満たして、また参道を歩いていきます。

 

10月の陽の光に照らされた参道は、ほんとうに気持ちがいいものです。

 

秋という季節のよさを、また一つ実感して。

手をあわせて、頭を下げてきました。

 

いよいよ、秋本番のようです。

 

f:id:kappou_oosaki:20211005191259j:plain