大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

さつほろに愛を寄せて。

得難い出会いの先にあるのが、
身をよじる別れの寂しさであるならば、


身をよじる別れの寂しさの先にあるのも、得難い出会いなのかもしれない。

 

それらは必要十分条件であり、
同じコインの裏表であり、
陰陽のコントラストである。


それらはお互いに同値であり、
500円の印字の裏は500円であり、
灼熱の日差しは色濃い日陰を作る。

 
いったい私は、
これからの人生の中で、


味覚を超えて情景を想起させる味を、
あと何回味わえるのだろう。


時が止まってほしいと願う時間を、
あとどれだけ過ごせるのだろう。


写真を撮ることすらためらわれる絶景を、
あと何回観られるのだろう。


背筋から魂に響くような音色を、
あとどれだけ聴けるのだろう。


無償の愛が溢れる空間を、
あと何回過ごせるのだろう。


あなたと出会えて本当によかったと思える人に、
あとどれだけ会えるのだろう。

 


あと10回かもしれないし、

もしかしたらあと100回かもしれないし、

はたまたあと1回かもしれないし、

実は、もうないのかもしれない。

 

それらは、


誰にも分からないこと
なのかもしれないし、


もう決められていること
なのかもしれないし、


実は根拠も何もなしで、

私が「決めてしまえる」こと
なのかもしれない。

 


きっと私は、
どれを選んでもいい。

 


けれども、もしも。


もしも、
その先にまた得難い出会いがあることを、
知っているのなら。


いまこの寂しさを感じ尽くそう。
頬を伝う透明な血を、流し尽くそう。

 


それは、
楽しさとそこに溢れる笑顔を味わい尽くすことと、
きっと同義なのだろうから。


その身をよじるような寂しさと涙は、
コインを再び裏返す偉大な引力なのだから。


そのオセロの白黒がひっくり返るたびに、
また世界は優しくなる。

 


だから、今日も変わらず、


自分自身を感じよう。
自分自身を愛し尽くそう。

 


ありがとう。

 

その言葉の意味を、また改めて知る。

 

ありがとう、さつほろ。

 

f:id:kappou_oosaki:20180709220426j:plain