大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

CHAGE and ASKA「PRIDE」に寄せて

好きなことを書くのは、ある意味で勇気が要る。

 

そこには恥ずかしさだったり、もし批判されたらどうしようという怖れだったり、自分なんかが・・・というような自己否定が入るから。

 

その怖れを越えて、私の大好きな曲に寄せて書いてみようと思う。

 

 

人は18歳前後に聴いていた曲を一生聴き続けるという話があるが、その通りだと思う。

 

中学生のとき、初めて買ったCDがチャゲアスのアルバムだったように覚えている。

 

初めて聴きに行ったコンサートもASKAさんのソロライブだった。

 

そんなこんなで、チャゲアスが好きなのだが、その中でも「PRIDE」は唯一無二の名曲だと思う。

 

CDに収録されているバージョンもいいが、やはりこの曲はライブ音源がいい。

 

静かなピアノのオープニングから、印象的なドラムの音。

 

ゆっくりと歌い上げるASKAさんの透明感のある歌声。

 

カラオケで歌うのも大好きなこの曲だが、簡単なようでとんでもなく歌唱力が要求される曲である。

 

ときに「折れた身体」になるたび、この「PRIDE」の歌詞に涙してきた。

 

それは、きっとこれからも変わらないのだろう。

 

こうしてあらためて書いてみると、影のある歌詞が目立つ。

 

やはり私はそっち側に惹かれるのかなと思いながら、今日も車でこの曲を聴こうと思う。

 

f:id:kappou_oosaki:20181011060728j:plain