大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

ちゃんと、絶望しよう。

ちゃんと、絶望しよう。

 

 

彼我の差を認めて、今の自分の至らなさに、

ちゃんと絶望しよう。

 

そこを目を伏せて見なかったことにしたり、

見えてるものを無理矢理抑え込んだり、

ポジティブな思考でいないといけないとか、

 

思考で判断するのはやめよう。

 

ちゃんと、絶望しよう。

 

「良い」というものの裏には、「悪い」というものがいる。

 

「悪い」ものの裏には、「良い」ものがある。


正しい・間違い、善い・悪い
清い・汚れ、天・地
男・女、晴れ・雨
ハレ・ケ、美しい・醜い
絶望・希望・・・

 

それらはすべて同じものごとの見方に過ぎない。

 

「絶望」と書かれた面の裏には、「希望」と書かれている。

 

生々流転、ゆく川の流れはたえずして、祇園精舎の鐘の声と諸行無常の理の、

 

この世において、片方だけを見続けることはできない。

 

ネガティブに見えるものを、

 

嫌わなくていい。手放さなくていい。解消しなくていい。

 

一方を受け入れるということは、もう片方を受け入れる、ということだ。

 

美しく見えるもののみならず、悲しみの際にさえも光を当てること。

 

それを人は芸術と呼ぶ。

 

正しいもののみならず、邪なものさえも受け入れること。

 

それを人は愛と呼ぶ。

 

 

人の歩みは拡散していく螺旋階段のように。

 

何度も何度も同じ感情を行き来しているように見えながら、階段を登っていく。

 

嫌な側面が見えたとしても、登るのを止めないことだ。

 

「絶望」の壁の前では、ちゃんと絶望しよう。