大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

アタマは何もしていない時にこそ、はたらく。

アタマは何もしていない時にこそ、はらたく。

考えようと思えば思うほど、

思考は単なる作業になり、堂々巡りになる。 

何もしない「空き地」のような時間を持つこと。

その時間は、いろんな情報を勝手に整理してくれる。

その時間は、いまの自分に必要なものを、

気づきやインスピレーションという形で降ろしてくれる。 

リラックスして、呼吸を深くして、揺蕩っていること。

何かを「しよう」としないこと。

それはすなわち、何かを「コントロールしよう」としないこと。

滔々と流れる川の流れを、せき止めようとしないこと。

小川が集まり大河となり、海を成し、そして雲となり雨となるように。

放っておけば、やがて落ち着くところに落ち着く。

流れに、抗おうとしないこと。

ただ、力を抜いていれば、身体は勝手に浮いていく。

肩の力が抜ければ、自然に身体は動いていく。

次々に落ちてくるボールをジャグリングしている状態で、

今日の晩御飯のことを考えることはできない。

いや、熟練のピエロならできるのかもしれないが。

たいせつなのは、ジャグリングじゃない。

ボールを落とさないか、じゃない。

いかにして、今晩の美味しいご飯にありつくか、なのだ。

「ためにする」何か、はたいていウソだ。

たわわになった果実を収穫する怖さからくる、嘘だ。

大丈夫。その果実は収穫しても、またいくらでも実る。

いつまでもその果実を収穫しないでいると、

いつしか草むしりこそ我が人生の目的だと勘違いしてしまう。

たいせつなのは、ジャグリングじゃない。草むしりじゃない。

いや、もちろんそれもまた違った意味で、たいせつなんだろうけれど。

きっと、たいせつなのは、今日の晩御飯であり、瑞々しい果実なんだ。

アタマは何もしていない時にこそ、はたらく。

余白をつくり、何かをしようとしないこと。

ただ、流れる川の水面や、見上げた空の美しさを眺めていること。

f:id:kappou_oosaki:20190911112139j:plain