大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

赤い、師走。

気付けば12月、師走である。

あと31日で2019年、令和元年が終わってしまう。

ついぞこの間、新年の目標を立てたような気もするし、残暑が厳しいだのなんだの言っていた気がするのだが。

霜月の初めには、ご依頼頂いた小説の締めきりに追われ、いっぱいいっぱいになっていたが、それも過ぎ去ってもう師走である。

思い返せば、霜月は、紅かった。

師走に入って、はじめに目に入ったのは、また赤だった。

f:id:kappou_oosaki:20191201190101j:plain

周りに比べて急ぎ気味に咲いた、山茶花。

師走は、紅いというよりも、赤いようだ。

赤い、師走。

日が暮れそうになってから、野球をしたいと主張する息子に連れられて、久しぶりに近所の公園へ。

風邪が治りがけで辛いという主張は、まったく通用しないらしい。

公園に着いてキャッチボールをして、バッティングピッチャーを務める。

しばらくぶりなのに、驚くほど上手くなっていた息子に、彼の時間の流れの濃密さを想う。

気付けば、西の空は暖色のグラデーションを彩っていた。

f:id:kappou_oosaki:20191201190051j:plain

秋の日はつるべ落としと言うが、それよりもまた早くなったような気がする、師走の夕暮れ。

陽の力が最も弱まる冬至まで、あと3週間ほどでもある。

今日を名残惜しそうに沈む夕日は、また赤かった。

赤い、師走。