大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

彩る、大雪。

時に「大雪」。

 

山々は雪に覆われ、白い帽子をすっぽりとかぶり始めるころ。

目に見える冬の訪れも多く、師走のあわただしい時期でもある。

 

そんな時候だが、目に映るのは、不思議と彩りが多く。

 

それを探したくて、寒風に身を縮めながら、娘と外を歩きに出る。

 

f:id:kappou_oosaki:20201205202954j:plain

朝の光に照らされる、常緑樹の葉。

光の加減は、どこかやさしく、淡く。

 

f:id:kappou_oosaki:20201205202944j:plain

透き通る葉脈に、神々しさが宿る。

冬らしいといえば、冬らしい色なのかもしれない。

 

f:id:kappou_oosaki:20201207182120j:plain

山茶花も、咲き始めると早い。

いつの間にか、赤い花壇になっている。

 

f:id:kappou_oosaki:20201205203003j:plain

彩りの少ない冬だからこそ、映える赤。

 

f:id:kappou_oosaki:20201207182130j:plain

見渡せば、少し淡い赤も見えて。

 

これは、何の花だろう。

形は蝋梅にも似ているが。

 

点描のような、赤。

 

f:id:kappou_oosaki:20201207182111j:plain

少し歩けば、甘い南国調の香りとともに黄色も見えて。

傘をくぐりながら、その香りを浴びる。

 

f:id:kappou_oosaki:20201205202932j:plain

桜の枝の先には、次の春を待つ蕾が。

これから冬本番だが、もう春の準備は始まっているようだ。

すべては、つながりの中で。

 

蕾を眺めてぼんやりしていると、あたりを走っていた娘が、ズボンにびっしりと「ひっつき虫」をつけてきた。

 

それを指摘すると、ケラケラと笑う娘。

 

ズボラな娘がそのまま家に帰ろうと歩き出すのを、私は追いかけた。

 

時に、大雪。

彩る、大雪。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________