大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。死別や失恋、挫折といった喪失感から、つながりと安心感を取り戻すお手伝いをしております。

師走の寒空を包む歓喜と、祝福と。 ~2022年 チャンピオンズカップ 観戦記

12月に入り、冬らしい気温の日が増えてきた。

師走の声を聞いて、忘れていたかのように寒さを出してきたような気もする。

そんな師走の中京を彩る、砂の王者決定戦、GⅠチャンピオンズカップ。

このレースがやってくると、いよいよ今年も過ぎゆくという感慨に深くなる。

中京競馬場の名物、名鉄パノラマカーから馬場を望む。

高校生のころ、毎日お世話になった赤い電車に、ノスタルジーに浸りたくなる。

さすがにGⅠ当日、たくさんの人で場内はにぎわっていた。

感染症禍の下、無観客での開催や、抽選入場を経験したあとでは、こうして現地で観戦できることの幸せを噛み締めるばかりだ。

パノラマカーの奥、馬頭観音にいつものごとくお参りを。

神社やお寺にお参りするときには、具体的な願い事はしないことが多いけれども、競馬場の馬頭観音だけは別だ。

「全人馬、無事にレースを終えられますように」

そっと手を合わせて、祈りを捧げる。

中京に集いし砂の猛者16頭が、本馬場入場へと。

注目を集めたのは、昨年の同レースの覇者であり、また昨年のJRA最優秀ダートホースでもあるテーオーケインズと松山弘平騎手。

最終の単勝オッズは1.5倍と、一本かぶりの人気を集めた。

前走、秋初戦のJBCクラシックを2馬身半差で快勝し、史上2頭目となるチャンピオンズカップ連覇を狙う。

それに続く2番人気は、ダート転向後5戦4勝2着1回と底を見せていない、グロリアムンディ。

最内1番枠ながら、名手ライアン・ムーア騎手の手綱に期待がかかる。

そして同じく今年の夏からダートに転向し、中京開催となったGⅢシリウスステークス勝ちから挑むジュンライトボルトと石川裕紀人騎手が続き、ここまでが単勝10倍以下の人気。

さらには、今年アメリカのケンタッキーダービーに挑戦した3歳馬クラウンプライドには福永祐一騎手、同じく3歳馬でジャパンダートダービー勝ちのノットゥルノと武豊騎手などが続く。

 

レースは、戦前の予想通り大外枠からレッドソルダードがハナを主張。

クラウンプライド、シャマル、ハピあたりが番手集団につけ、その一列後ろにノットゥルノと、スタートで若干後手を踏んだテーオーケインズ。

そのテーオーケインズを見るようにジュンライトボルト、さらにその内からグロリアムンディといった態勢。

ペースはそれほど上がらず、馬群は一団となって進んでいく。

迎えた直線、レッドソルダードをかわしてクラウンプライドが先頭へ。

内からハピ、外からテーオーケインズがそれを追うが、クラウンプライドの脚色がいい。

しかし、そのさらに外から赤い帽子、ジュンライトボルトが圧巻の末脚で伸びる。

残り50mを切った最後の最後で、外から差し切った。

ジュンライトボルト、1着。

 

その瞬間、場内は温かな拍手で包まれた。

「ユキトー!おめでとう!!」

「おめでとう!」

歓喜に満ちた声が、いくつも飛んだ。

デビュー9年目にして、初めてのGⅠ勝利。

ゴール後、何人もの騎手が石川騎手のもとに近寄って祝福していたのが、印象的だった。

正面スタンド前に戻ってきた、人馬。

石川騎手は、ジュンライトボルトの首筋を抱いて、喜びを表す。

 

ダート転向後、わずか4戦で成し遂げた大仕事は、どこか前週のジャパンカップのヴェラアズールを重ねてしまう。

右手を上げて、ファンの声援に応える石川騎手。

師走の寒空に吸い込まれる歓喜と、そして祝福。

その空気は、どこか温かさに包まれていた。

口取り写真のため、駆けていく石川騎手。

その背中には、達成感と喜びとが漂う。

大仕事を成し遂げた、ジュンライトボルトとともに。

めぐってきた大きなチャンスで、落ち着いた素晴らしい騎乗。

人が生きる中では、艱難も辛苦も、紆余曲折もある。

けれども、やはりこうして報われる姿を見せてくれる人が、いるからこそ。

明日を生きる理由にもなるのだろう。

ジュンライトボルト、石川騎手、そして関係者の皆さま、おめでとうございます。

師走の寒空を包んだ、歓喜と祝福に満ちた走りでした。

 


 

師走の空を包んだ、歓喜と祝福と。

2022年チャンピオンズカップ、ジュンライトボルトが制す。

 

【新刊ご案内!!】

〇「競馬 伝説の名勝負 GⅠベストレース」(星海社新書)

競馬コラム&ニュース「ウマフリ」様とのご縁で、こちらの書籍に執筆させていただきました!

11月22日(火)発売となりますので、ぜひ書店・amazonなどで予約してください!

書籍の詳しいご説明はこちらからどうぞ!

【既刊好評発売中!!】

〇「テイエムオペラオー競馬 世紀末覇王とライバルたち」(星海社新書)

ウマフリ様のご縁で、こちらの書籍に記事を執筆いたしました!

↓こちらのサイトで試し読みもできます!
『テイエムオペラオー伝説 世紀末覇王とライバルたち』小川隆行 - 星海社新書 | ジセダイ

 

〇「競馬 伝説の名勝負」シリーズ(星海社新書)

f:id:kappou_oosaki:20210922133311j:plainf:id:kappou_oosaki:20211018151402j:plainf:id:kappou_oosaki:20211111193710j:plain

こちらのシリーズにも、執筆に参加させていただきました!好評発売中です!
書籍の詳しいご説明はこちら