大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

夏の忘れものとお別れしながら、時はいつか満ちるものだと思った一日。

道を歩いていると、燃えるような晩秋の色に出会う。

小雪から大雪に入り、もう完全に秋から冬へと移りつつあるが、最後に一番燃え上がるのかもしれない。

f:id:kappou_oosaki:20191208182615j:plain

淡い色をした冬の青空と、赤い色の対比が美しい。

透き通った秋の空から、いつの間にかこの淡い色へと移り変わっていた。

命の息吹が途絶える冬を前に、燃え盛るような赤。

そんな週末の日、息子と近所の公園にプラスチックのケースを抱えて行く。

飼育ケースには、夏の終わりに力尽きたカブトムシがそのまま入っている。

昨年の夏から、幼虫から育ててきたカブトムシ。

サナギ、羽化を経て成虫になったが、夏の終わりとともに力尽きて動かなくなった。

それ以来、それまで飼っていた昆虫たちと同様に、埋葬しに行こうと何度か息子に声をかけてきたが、何やらかんやら理由を付けて、なかなか息子の腰は上がらないままだった。

亡くなったカブトムシがかわいそうで、早く埋葬してやりたいという気持ちと、

息子の範疇なのだから、息子に任せるべきだという気持ちと、

私は相反する気持ちを抱えたまま、気付けば秋を通り過ぎようとしていた。

「早く埋めないと、腐ってしまうよ」

「ずっとそのままにしておくのは、かわいそうだよ」

「もうおとうが埋めてくるぞ」

などなど、さまざまな「正しさ」、もっともらしい「理由」をつけてアプローチするが、なかなか息子は埋葬について来ようとしなかった。

芋虫のような幼虫から育てた可愛い子の死を、受け入れるのには時間がかかるのかもしれない。

そんなことを、時折考える。

私も、両親の死を受け入れるのに15年もの時間がかかったのだ。

いや、まだ受け入れている最中なのかもしれない。

それは、誰か他人がどうこう言って受け入れるようなものでもない。

本人の意思というよりは、タイミングか何かに、呼ばれるようなものなのだろう。

それが、息子にとっては今日だったのかもしれない。

公園の隅の木陰に、カブトムシを埋葬する。

彼が好きだったゼリーを息子は持参していて、一緒に埋めた。

手を合わせて、埋葬が遅れたことを詫びて、祈った。

f:id:kappou_oosaki:20191208182634j:plain

空のケースを抱えた帰り道、息子に聞いてみた。

「なんで、いままでカブトを埋めるのイヤだったの?」

「うーん、わかんない」

そうか、そうだよな、わかんないよな。

まして、なぜ今日埋めようと思ったのかなんて、わかんないよな。

それで、いいんだよな。

わからなくても、時はいつか満ちるものだよな、と思った。

川沿いの木にわずかに残る葉は、やはり燃えるように赤かった。

f:id:kappou_oosaki:20191208182624j:plain