大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

お好み焼き慕情。

記憶というものは、感情と密接に結びついていることが多い。

そして感情というものは、何がしかの食べもの、音楽、風景、街…そういったものと結びついている。

ふとした瞬間に、忘れていたような記憶がよみがえることがある。

それは、忘れていたのだろうか。

どこかに仕舞っていた古びた宝箱が、何かを鍵にして開くように。

歳を重ねるということは、そうしたアルバムのような感情を、重ねていくことなのかもしれない。

笑っている顔や怒っている顔、そして悲しそうにしている顔。

セピア色になってしまえば、どれも切なく、また愛おしい。

久しぶりに外で食べるお好み焼きは、どこか懐かしい感じがした。

厨房で焼いて出てくる形式のそれは、失敗しない安心感の分、何もない鉄板を前にする時間が長くなる。

外でお好み焼きを始めて食べたのは、いつだっただろう。

中学生くらいの頃だったか。

ネットもまだなかった時代、地方の田舎の中学生の遊びといえば、限られてくる。

外食というのは、その中の数少ない娯楽の一つだった。

少し遠くの、それでも自転車で行ける距離にあった、おばちゃんが一人でやっているお好み焼き屋。

同級生の友人たちだけで食べたお好み焼きは、家で食べるそれとはまったく違った気がした。

大人たちがしている「飲み会」とやらが、羨ましくて。

大人になりきれない私たちは、そのお好み焼き屋での会合を「飲み会」と称して、密やかな悪事のように心をときめかせていた。

話を聞きつけた、普段はあまり話さないクラスメイトも集まって、結構な大人数が集まったような気がする。

あのおばちゃんのお店は、自分たちで焼くスタイルのお店だった。

いまとなっては、どうでもいいような話に騒ぎ、上手く焼けるかどうかに一喜一憂した。

コーラとジンジャエールの泡を、ビールに見立てて乾杯した。

偶然にも私たちの他に客はおらず、気兼ねなく騒いでいたように覚えている。

誰かに、好かれたくて。

カッコをつけたくて。

何かに、なりたくて。

特別な何かを持つ、誰かになりたくて。

どこか必死で、それでも、どこか斜に構えて。

どうにもならぬ、鬱屈とした想いを抱えて。

やがて、それぞれがそれぞれの世界を持ち始め。

そんな「飲み会」も回を重ねることもなく、泡のように消えて行ってしまった。

あのおばちゃんのお好み焼き屋にも、わざわざ足を運ぶこともなくなっていった。

歳を重ねるごとに、電車に乗れるようになり、行動範囲は広がり、いろんな遊びを覚えていったけれど。

あのお好み焼き屋の、秘密基地のようなワクワク感は、セピア色の戻らぬ思い出として、あの頃の瑞々しさと、成長痛のような痛みとともに、どこかへ仕舞ってしまったようだ。

ようやく、オーダーしたお好み焼きがきた。

美しいフォルムのそれは、自分で焼いたあのお好み焼きとは似つかないけれど。

それでも、多めに入った葱が、そのセピア色を思い出させるようだった。

ヘラを握り、ラフに切り分けながら、私はその嗅いだ。

その甘いソースと青海苔の香りは、どこかセピア色のような気がした。

f:id:kappou_oosaki:20200121205524j:plain