大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

見上げれば。

時候は「霎時施/こさめときどきふる」。

なれど、晴れの日が続く。

見上げれば、秋の空。

f:id:kappou_oosaki:20201029170157j:plain

綿のような雲に、秋の陽射しが色を差して。

このやわらかな陽射しの色は、秋の色。

どこかやさしく、どこかあたたかく。

それでいて、どこか寂しく。

f:id:kappou_oosaki:20201029170147j:plain

だいだい色の、おおきな生きもののような。

おおきなかいぶつのようでいて、
あたたかくつつむやさしさのようでもあり。

秋の夕べはつるべ落とし。

いつの間にか、夕闇の帳が降りて。

f:id:kappou_oosaki:20201029203218j:plain

見上げれば、月。

聞けば、今夜は十三夜。
秋の月見といえば十五夜だが、旧暦9月13日の月も古くからある月見の夜だそうだ。

十五夜からひと月遅れに続く月とのことで、「後(のち)の月」とも呼ばれる。
十五夜とはまた違う、まだ満ちていない、不完全な月。

これから満ちる、美しき月。
不完全さこそ、美しい。

満月、そして十六夜もまた、楽しみに。

見上げれば、秋。
見上げれば、月。

満ち足りない、不完全さこそ、美しい。

f:id:kappou_oosaki:20201029203209j:plain