大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

目覚めの声。 ~愛知県名古屋市「熱田神宮」訪問記

夕方から、目の奥がチリチリと嫌な感じがしていた。

この感じは、頭痛の前兆だ。
こういうときは、早めに休みに限る。

朝起きても、目の奥のチリチリと頭痛の気配はおさまっていなかった。
その日は、所用の前に、久しぶりに熱田神宮を訪れようと思っていた。

どうしようか逡巡したが、やはり訪れることにした。

f:id:kappou_oosaki:20201030163113j:plain

市内の道もそれほど混まず、たどり着くことができた。

早朝の正門を望む。

どこか、背筋が伸びる。

f:id:kappou_oosaki:20201030163104j:plain

早朝の参道は、気持ちがいい。

深呼吸をして、ことさらゆっくりと歩く。
人気が少ないのが、いいのかもしれない。

そうかと思えば、たとえばダービーや有馬記念の密集した人の熱気もまた好きだ。

感染症対策で、しばらくは密集したイベントはできないだろうけれど。

つながりと、孤独と。
不思議なものだ。

f:id:kappou_oosaki:20201030163055j:plain

秋の朝の、やわらかな日差しと。

もう、背広の下は半袖では肌寒い。

気付けば霜月なのだから、それはそうだ。

遠くで、鶏の鳴き声が聞こえる。

まるで「コケコッコー」のサンプルのような、見事な鳴き声。

f:id:kappou_oosaki:20201030163254j:plain

参道を歩いていくと、その主がいた。

私の目の前で、身体を震わせ、また大きくその鳴き声を聴かせてくれた。

こちらを覗くその瞳に、

目覚めよ。

そう言われているような感がした。

f:id:kappou_oosaki:20201030163244j:plain

弘法大師の御手植えとされる、大楠。

千歳の樹齢を数えるという。

今日もまた、雄大なその姿を見せてくれていた。

f:id:kappou_oosaki:20201030163236j:plain

よく、晴れていた。

雨の神社もまた趣深いが、晴れの神社はやはり素敵だ。

f:id:kappou_oosaki:20201030163348j:plain

参拝客もほとんどいない、本宮。

ここが名古屋の真ん中だということを忘れるような、静かな時間が流れる。

f:id:kappou_oosaki:20201030163336j:plain

本宮の近くの樹木。

苔がつくる美しい色彩に、しばし見惚れながら。
深呼吸を繰り返す。

遠くで、またあの鳴き声が聞こえる。
その主のいた参道に向かって、また歩き出した。

目の奥のチリチリと、頭痛はまだ残っていた。

それもまた、生きていることの証のようにも思えた。