大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

秋と暖色と、古い記憶と。

秋は、どこか暖色の思い出と重なる。

それは路傍の花の色や、見上げる月の色に、橙や黄を多く見ることと、関係があるのだろうか。

 

秋は、どこか暖色をしている。

 

記憶の中の秋もまた、夕暮れのやわらかな陽射しの色をしている。

 

 

小学校の、西校舎の廊下を歩いていた。

給食室の横の、長い廊下だった。

 

今日一日の業を終えた給食室には、まだ熱が残っていたように思う。

微かに醤油と味醂、あるいは砂糖の甘い香りが満ちていた。

換気扇が大きな音を立て、その熱と香りを室外に送っていた。

 

その廊下に差し込む陽射しが、好きだった。

やわらかな陽射しが運動場の方から廊下を照らし、その光の中で、小さな埃か何かが、きらきらと輝いていた。

 

それはいつでも見られるものではなく、限られた時期にしか見られなかったように思う。

 

その差し込む光の方を覗くと、運動場で多くの児童が遊んでいた。

一輪車、サッカー、鬼ごっこ…思い思いの遊びに、皆が興じていた。

それを、私は眺めていた。

 

その廊下の先にある下駄箱で靴を履き替え、私は校庭に出た。

ちょうど出口は西向きで、隣にあった市役所の建屋の屋上に、太陽の円弧の下の部分がついて、沈んでいくところだった。

 

徐々に大きくなるその円弧を眺めながら、私はその西日をいっぱいに浴びた。

 

土埃の匂いと、ボールの弾む音。

校庭に響く歓声。

 

あの記憶の時間、私は何をしようとしていたのだろうか。

 

 

古い記憶は、どこか切なげで、寂しげだ。

 

歳を重ね、いろいろな秋を経験し味わうにつけ。

なんでもない秋の時間の、何でもないその色が、どこか愛おしい。

 

だからだろうか。

この季節に暖色の花を見かけると、嬉しくなる。

 

f:id:kappou_oosaki:20210903193603j:plain