大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

寒露の風に吹かれて。

時に寒露。

朝晩の冷え込みが感じられ、露が冷たく感じられる時候です。夜がだんだんと長くなりますが、日中は涼しく、過ごしやすい気候が続くころでもあります。

 

七十二候では、鴻雁来(こうがんきたる)。

日本で冬を過ごすために、雁が来たからやってくる時候だそうです。これと入れ違いに、ツバメが南の暖かい国へと渡っていくそうです。

 

f:id:kappou_oosaki:20211009142905j:plain

 

見上げれば、秋らしいうろこ雲が多く見られるようになりました。

この空のどこかで、長い長い距離のお引越しをしている鳥たちがいるのでしょうか。

 

去っていくツバメなどは、暖かい東南アジアの国々に渡っていくと聞きます。

何百キロ、何千キロという途方もない距離を飛んでいく、鳥たち。

地図もコンパスも持たずに、生命の力というのは、すごいものです。

 

どうか、無事に。

姿の見えない鳥たちに向けて、そんな言葉が浮かびます。

 

f:id:kappou_oosaki:20211009142612j:plain

 

それにしても、涼しく過ごしやすい季節になりました。

寒露の風に吹かれながら、足元の花を眺めて。

 

f:id:kappou_oosaki:20211009142618j:plain

 

紫の花が、風に揺れていました。

古来より、高貴な色とされてきた紫。

どこか、この秋の風と合っているような気がします。

 

気温の高さとしては、春先と同じなのかもしれないのですが。

どこか、この秋の風の感じは、春とは違うようです。

 

澄んでいるというか、その風に触れていると落ち着くようです。

 

f:id:kappou_oosaki:20211009142606j:plain

 

風が止み、満ち足りたお顔を眺めながら。

あらためて、季節の移ろいと、この時期だけの心地よい風を、存分に味わっていました。