大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

いまではない、いま。

たとえば、初めて通ったはずの道に、既視感を覚えることがある。

 

いつか、通った道。

 

あれは、いつ、通ったのだろう。

 

何の機会に、誰と通ったのだったのだろう。

 

そんなことを考えるのだが、初めて訪れたはずの土地を、誰かと通ったことがあるはずもなく。

 

雰囲気が似ている道を通った記憶を、混同しているのだろうか。

 

その可能性も、あるだろう。

 

けれど、そうでもない可能性も、あるのかもしれない。

 

いまではない、いつか。

 

そのいつか、通った道。

 

そんなものがあるのかどうか、分からないが。

 

ない世界よりは、ある世界の方が、美しいではないか。

 

 

たとえば、こころが痛んで、どこへも行けないとき。

 

ふと。

 

声なき声を、耳にすることがある。

 

とても、こころが痛んでいた、真夏の日の朝。

 

耳に痛いような蝉しぐれの中に、誰かの声を聞いたりする。

 

そこに、いたんだ。

 

それは、こころの弱さだろうか。

 

それとも、潜在的な願望が、幻聴なりを引き起こすのだろうか。

 

それも、あるのかもしれない。

 

けれど、そうではないことも、あるのかもしれない。

 

ここではない、どこか。

 

どこかに、あの人の存在が、在る。

 

明確に世界を分かつよりも、そんな可能性が残ている世界の方が、優しい。

 

 

たとえば、誰かと話しているとき。

 

食事をしているとき。

 

何気ない時間の中に、どこか懐かしさを覚えることがある。

 

いまではないけれど、いつか。

 

いつか、どこかで。

 

こんなことを、話していた。

 

あれは、いつだったのだろう。

 

朧げな記憶の糸をたどるけれど、その糸はもつれ、ほつれ、からまり、結局どこへ行くのやら。

 

綾取りの紐が、とても固く絡まってしまったかのように。

 

けれど、その糸が、もともと一本の線であることは、間違いなく。

 

ときに、折々の時間の中で。

 

そんな糸が、見え隠れする。

 

 

いまではない、いま。

 

そんな記憶のなにかに、人は惑い、ときに喜び、そして導かれる。

 

 

いまではない、いま。

 

そんなものに、ときに人はあこがれ、振り回される。

 

自分ではない何者かになろうと、ずっともがき続ける喜劇と同じようなものかもしれない。

 

ただ、いま、しかないように。

 

ただ、誰でもない、自分にしかなれないように。

 

いま見ている世界そのものが、寸分の違いもなく、自分自身であるように。

 

いまの世界そのものが、何の狂いもなく、自らの設計図通りであるように。

 

 

「いつも。いつも、あなたは誰かを探していた」

 

「どうだろう。分からない。けれど、誰かになりたかったのかもしれない。ずっと」

 

「違う。あなたは、自分を探していた」

 

「それは、そうかもしれない。ずっと、そうだったのかもしれない」

 

「気づていないかもしれないけれど」

「あなたは、ずっとあなただった」

 

「それでいいんだろうか」

 

「いいとか…ううん、そうじゃない」

 

「どうしても、そこに価値を見出せない。もちろん、素晴らしいことだって、いっぱいあるのは、知ることができたけれど」

 

「違う、そうじゃない…いいとか、素晴らしいとか…そうじゃない」

 

「何が」

 

「そうじゃない」

 

「分かっているよ」

 

「ううん、分かってない」

 

「なにが」

 

「          」

 

「違うよ、そうじゃないと思う」

 

「そうじゃないかもしれない。けれど、そうかもしれない」

 

 

それを、なんと表現したらよいのだろう。

 

いまではない、いま。

 

いつも、人はそれに導かれる。

 

f:id:kappou_oosaki:20201121223716j:plain

いつか通った道のような。 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________