大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

瞬間と永遠。

時は流れ、いつしか目の前から消え去っていく。

 

まだまだ先だと思っていた時間は、いつしか遠い記憶の彼方に押し込められている。

過ぎ去った時は、どれだけ悔いても、いくらお金を積もうが、戻ることはない。

 

「いま」という時間を、つかまえることができないように。

未来はいつしか過去になり、そしていつしか忘れ去られる。

 

不可逆な、時間の流れ。

 

それは、遥か未来の彼方に向かって伸びた歩く歩道のようで。

無機質な灯篭が等間隔に並ぶ中、時は一定の速さで流れていく。

 

ほんとうに、そうだろうか。

そんな気がする、だけかもしれない。

 

今夜眠ったら、カレンダーが一日前に戻るようなことは、ないのかもしれないが。

うたた寝から目を覚ますと、始発駅に戻っていることは、ないかもしれないが。

 

それでも。

時間の流れが、等間隔で無機質であることを、疑ったことがない人はいないだろう。

 

1秒が、永遠のように感じられるとき。

1時間が、刹那のように感じられるとき。

 

体感としての時間は、不思議で、そして有機的だ。

 

 

大好きな俳優の舞台を観るとき、2時間が一瞬ではないか。

心置きなく話せる友人との会話は、一晩でも足りないくらい短い。

 

その反対も、然りだ。

 

伸縮する、時間。

伸び縮みする、時間。

 

わたしたちの身体には、時間を感じる器官が、どこかに在るのかもしれない。

 

それもたしかに、時間の不思議さの一つだ。

けれど、そうした体感的な時間の流れとは異なり、「重ねられた時間」というものも、存在するように思う。

 

パッチワークのように、重ね合わせられた、時間。

 

ある日の一瞬のできごとが、ずっと続いているような。

未だ来ない日の、かたちになってすらいないことを、どこか知っているように。

 

時間は不可逆ではなく。

 

それは、ときに現れ、消え、重なり、弾け、そして揺れている。

それは、まるで、童のかくれんぼ、あるいは影絵の遊びのように。

 

あの日を生きたわたしが、今日のわたしの中にいる。

いつか来る日のわたしが、今日のわたしとともにいる。

 

あの日のあなたは、未だ見ぬ日のわたしとともにあり。

その日のわたしは、いまあなたとともにいる。

 

今日のわたしは、いつかの日の誰かでもあり。

 

瞬間は、永遠でもある。

 

f:id:kappou_oosaki:20210311222104j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________