大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

勝ちに不思議の勝ちなし。 ~2020年マイルチャンピオンシップ 回顧

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

 

今年2月に逝去された、故・野村克也氏が生前よく口にされていた言葉だ。

 

相手が勝手にミスをして勝ちが転がり込んでくることがあるから、「不思議な勝ち」は存在するが、負けるときは必ず何か理由があって負ける、と。

 

だから、なぜ負けたのか、の分析をすることが必要なのだ、と。

 

ノムさん」の愛称で知られ、南海ホークスロッテオリオンズ西武ライオンズなどを渡り歩き、捕手にして戦後初の三冠王を獲得するなど、球史に残る名選手として名を馳せた、野村氏。

 

「名選手、名監督ならず」の格言があるが、野村氏には当てはまらなかった。

 

流行語にもなった「ID野球」を掲げ、1990年代のヤクルトスワローズの黄金期を築きあげた。

 

それまで長いあいだ低迷していたヤクルトを、綿密なデータから導かれる戦術論、そして人間としての在り方を軸とした教育論をもとに、常勝軍団へと変貌させた手腕は、今なお高く評価される。

 

その根底にあるのは「弱者の戦略」だった、と野村氏は著書の中でも語っている。

 

当たり前にプレーしていたら、実力が上の強者が勝つ。

 

だから、弱者は弱者なりの戦略が必要なのだ、と。

 

ヤクルトスワローズの後も、阪神タイガースの再建を託され、東北楽天ゴールデンイーグルスの黎明期の監督を務めるなど、長く勝負の世界に身を置いた野村氏の言葉は、野球界を越えてビジネスや教育の世界でも読み継がれている。

 

 

だが、2020年のマイルチャンピオンシップを振り返ったとき、「勝ちに不思議の勝ちなし」とでも言いたくなる。

 

京都競馬場の改装により、史上初めて阪神競馬場で開催となったこのレースに、近年稀にみる豪華メンバーが揃った。

 

前年の春秋マイル王・インディチャンプ。

同じく前年のNHKマイルカップ香港マイルを制覇したアドマイヤマーズ。

 

3歳からは、無敗の三冠馬にしか負けておらず、毎日王冠古馬を破っていたサリオス。

NHKマイルカップ勝ちのラウダシオン。

阪神ジュヴェナイルフィリーズを勝っている快速・レシステンシア。

その他にも、2年前のNHKマイルカップの勝ち馬、ケイアイノーテック。

3年前の同レースの覇者・ペルシアンナイト。

 

その中でも、単勝1倍台に推された、「強者」グランアレグリア

 

絶好の4番枠を引き、鞍上にはクリストフ・ルメール騎手を配し、臨戦態勢も理想的。

 

どれもが、「強者」として支持されるに相応しい要素だった。

 

そして、レースもまたそのようになった。

 

 

2番枠からレシステンシアが先頭に立ち、ラウダシオン、アドマイヤマーズも前目へ。

 

その後ろにグランアレグリア、4番枠の好枠を利して絶好のポジションを取り、しっかりと折り合いがついている。

 

インディチャンプは、グランアレグリアを後ろからマークする形。

 

大外17番枠から発進のサリオスは下げる選択で、後方から4頭目

 

レシステンシアが刻むペースは、前半の半マイルが46秒9と思いのほか緩い。

 

勝ち気に引っ張っていく気勢が見られなかったのは、休み明けのせいなのだろうか。

 

瞬発力勝負となる中、アドマイヤマーズの川田将雅騎手は積極的に仕掛け、インディチャンプの福永祐一騎手も、グランアレグリアの進路をふさぐようにしてスパートをかける。

 

さらには、岩田康誠騎手が得意のイン突きで迫る、スカーレットカラー。

 

直線入ってすぐ、それらの後ろにいたグランアレグリアの進路は見当たらなかった。

 

だが、鞍上のルメール騎手は落ち着いていた。

 

徐々にその2頭の外に持ち出すと、溜めた脚を爆発させる。

 

鞭が入ってからの伸び脚は、まさに極上。

 

国内最高峰のマイラーたちを、ほんの刹那の間にまとめて交わしていった。

 

ルメール騎手の全く持って隙の無い騎乗に導かれて、「強者」が「強者」らしく勝った。

 

勝ちに、不思議の勝ちなし。

 

そんなことを考えたくなる、極上の1分32秒だった。

 

 

これでグランアレグリアは、前年のインディチャンプに続いて、史上8頭目の同年のマイルGⅠ制覇。

 

牝馬に限れば、1994年のノースフライト以来、史上2頭目となる快挙である。

 

今年はスプリンターズステークス1着、高松宮記念2着と短距離・マイル戦線を席巻し、GⅠ3勝、2着1回という見事な戦績。

 

例年であれば、年度代表馬の候補筆頭にもなりそうなものだが、2頭の無敗の三冠馬が2頭、そしてGⅠ最多勝を達成した牝馬が出た、今年はどうだろうか。

 

それはともかく、まだ4歳。

 

これで10戦目と大事に使われてきたことが、この馬に合っていたのだろう。

 

今日の走りを見る限り、2,000mくらいはこなせそうだが、今後はどんな進路を選択するのだろう。

 

その末脚が、次にどこで見られるのか、楽しみで仕方がない。

 

さらには、鞍上のルメール騎手。

 

アーモンドアイの天皇賞・秋から、GⅠを3連勝。

 

このグランアレグリアで勝ったスプリンターズステークスとあわせ、この秋のGⅠは4勝目となる。

 

大舞台での冷静沈着な判断と、的確なポジション取り、絶妙な追い出しのタイミングと、ますますその手腕に磨きがかかるばかりだ。

 

勝ちに、不思議の勝ちなし。

 

強者が強者の競馬をして、勝った。

 

グランアレグリアが、2020年マイルチャンピオンシップを制した。

 

f:id:kappou_oosaki:20201122205904j:plain

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________