大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

お礼参りの、冬至。 ~愛知県一宮市「真清田神社」参拝記

冬至の日の朝、真清田神社を訪れた。

 

f:id:kappou_oosaki:20201221163133j:plain

快晴、冬晴れの気持ちのいい朝だった。

楼門は、今日も威風堂々と。 

 

f:id:kappou_oosaki:20201221163123j:plain

初詣の準備が進む境内。

今日はいつもに比べて、参拝客が多かったように感じる。

 

拝殿まで歩みを進めながら、残り少なくなった2020年の今年を想う。

振り返れば、想像だにしない出来事がたくさん起こった、忘れがたい年だった。

 

4月の緊急事態なんとかが出ていた頃の、不気味なくらい静かな街並みを思い出す。

要・急な所用で外出するのにも、罪悪感がべっとりと張りつくような、重苦しい空気だった。

 

そんな中、この真清田の神さまには、ずいぶんと助けられたように思う。

騒がしい世情の中でも、境内で変わらず咲く桃の花を見上げては、癒された。

 

おかげさまで、この師走にもまた訪れることができている。

ありがたいことだ。

 

そんな今年一年のお礼とともに、拝殿の前で手を合わせる。

 

f:id:kappou_oosaki:20201221164858j:plain

神池に囲まれた、厳島社と八龍神社。

 

季節はめぐる。

沈黙の春も、酷暑の夏も、そして寂寥の秋も。

 

ここを歩いたように思う。

 

f:id:kappou_oosaki:20201221164849j:plain

風が、冷たかった。

けれど、凛として冬らしい空気が流れていた。

 

まだまだ、寒さはこれからが本番だ。

 

f:id:kappou_oosaki:20201221164910j:plain

冬至の日の朝日を眺めながら。

 

今年は、たくさんこの境内にご縁を頂いた年だった。

次にここを訪れるのは、どの気候だろうか。

 

そんなことを考えながら、境内を後にした。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________