大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

澄んだ空気、冬近し。 ~愛知県一宮市「真清田神社」訪問記

一宮市は、真清田神社に参拝した。

 

訪れるたびに、季節の移ろいを感じさせてくれる。

 

なにより、この一宮の土地にどっしりと腰を据えた、落ち着いた空気が好きだ。

 

やはり、自分の「生国の一之宮」だからなのだろうか。

 

f:id:kappou_oosaki:20201117223253j:plain

 

朝の澄んだ空気の境内に、冬が近づいてきたことを実感する。

 

それにしても、どうして鳥居をくぐると、背筋が伸びるのだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20201117223303j:plain

 

楼門は、晩秋の朝日を浴びて、今日も雄大にそびえ。

 

楼上に掲げられた扁額は、聖武天皇のご宸筆と伝えられる旧額を模したと聞く。

 

歴史の縦軸と、地の横軸が交わるから、神社は面白い。

 

f:id:kappou_oosaki:20201117223505j:plain

 

拝殿を望む。

 

晩秋の朝だが、こうして写真を見ると、冬の夕暮れのようにも見える。

 

はじまりとおわりは、同じように。

 

f:id:kappou_oosaki:20201117223546j:plain

 

奉納された菊の花が飾られていた。

 

見事な、黄菊。

 

なぜ、このような見事な形になったのだろう。

 

しばし、その形の美しさをぼんやりと眺める。

 

f:id:kappou_oosaki:20201117223456j:plain

 

なぜ、そうなったのか。

 

美しき世界を見るとき、あるいは何か痛ましい過去を振り返るとき、そんな問いが思い浮かぶ。

 

 

どんな答えが浮かんだとしても。

 

きっと、世界はそうでなくてはならなかったのだろう。

 

いま、目の前に映る世界が、すべてだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20201117223446j:plain

 

境内の八龍神社、厳島社を囲む神池のまわりの灯篭に、灯りが。

 

ひんやりとした空気と、ぼんやりとした明かりと、晩秋のやわらかな日差しと。

 

その対比が、心地よく。

 

f:id:kappou_oosaki:20201117224309j:plain

 

龍神社の社にも、黄色の落ち葉が。

 

秋、深し。

 

息を、深く吸って吐きたくなる。

 

そんな時間が流れていた。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________