大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

寒さは、どこか美しさと繋がっている。

時に大寒

 

七十二侯は、「水沢腹堅、さわみずこおりつめる」。

あまりの寒さに沢の水が凍りつき、厚く氷が張っている時候。

 

寒さも極まれり。

 

朝、バリバリに凍っている車のフロントガラスに、難儀する頃だ。

昨年は暖冬のせいか、凍らなかったように思うが、今年はよく凍るようだ。

 

 

寒さは、どこか美しさとつながっている気がする。

 

それは、春の暖かさや、夏の輝き、秋のはかなさには、ないものだ。

 

冬の寒さのみが持つ、美しさが、確かに在る。

 

芽吹く命でもなく、それが栄える時でもなく。

穏やかに暮れゆくときでもなく。

 

凍えるような冬の景色にこそ、宿る美しさが、確かに在る。

 

嬉しさ、喜び、あたたかな、満ち足りた、幸せな…

そういった感情とは少し遠くにある冬に、美しさを強く感じるのはなぜだろう。

 

そして、なぜかそうした美しさに、私はこころ惹かれるのだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20210125170825j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________