大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

出立の朝。

黄色が、目に留まるようになってきた。

 

f:id:kappou_oosaki:20210221095042j:plain

 

路傍の花の色に加えて、白く透明感のあった陽の光の色が、暖色を帯びてきた。

 

春の訪れ。

 

そう聞くと、こころはずむことを思い浮かべるが、やはり新しいことへの変化というのは面倒で、時に恐ろしいものだ。

 

冬の間の静かな眠りから起こされるのは、億劫なように。

 

それでも、ずっと眠っているわけにも、いかないのだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20210221095103j:plain

 

出立の日の朝に、いつもの近くの神社へ。

陽の光は、どこかやさしく、あたりを包んでいた。

 

松葉杖をついた男性が、私の前に手を合わせていた。

 

どうも。

 

後ろで待っていた私に声をかけてくださった。

 

おはようございます、と私も声を返す。

私もまた、しばらく手を合わせていた。

 

玉砂利を踏む、男性のゆっくりとした足音が、遠ざかっていった。

 

出立の朝。

 

f:id:kappou_oosaki:20210221095052j:plain

 

ここから、そしてこの日から、世界史の新たな時代が始まる。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749-1832)、フランス革命軍が勝利したヴァルミーの戦いにて