大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

断酒日記【843日目】 ~寂しい夜の過ごし方

さて、断酒して843日。

2年と3か月半ほどになった。

 

考えてみれば、お酒とも20年くらいの長い付き合いをしてきたが、その盟友から離れてもう2年以上になるというのは、感慨深い。

人生の中の時間の比率で考えてみると、お酒を飲んでいた期間と、飲んでいない期間が、ちょうど半分ずつくらいだろうか。

 

仮に断酒を続けたとするなら、飲んでいない期間の方が長くなっていくようだ。

 

特に目標も定めていないが、いまのところ飲もうという気も起らないので、まだしばらくは断酒生活が続くのだろう。

 

 

飲んでいたころを、思い出す。

 

夕方の黄昏どき。

今日という一日が終わりに向かう、逢魔が時。

そんな瞬間にふと訪れる、ふとした闇。

 

それを、

 

寂しさ

 

と言語化できるようになるまでには、自分のこころの奥底の闇を、パンドラの箱よろしく、開ける必要があったのだが。

 

それはともかくとして。

 

そんなときに、ふと飲みに行ったものだった。

 

誰かを誘うときもあったが、一人のときの方が多かった。

寂しさからの行動なのに、一人になりがたる。

人間とは、かくも不条理なものだ。

 

行きつけの、いつものお店。

カウンターの端っこが、特等席。

 

ぼんやりと、綺麗に磨かれたカウンターが、暖色の照明を跳ね返して光るのを、ぼんやりと眺めていた。

 

酔客の話し声、オーダーを読み上げる声、BGM、揚げ物の音。

 

その音に身を浸して、一杯、また一杯。

次第に進む酔いは、自分がそのお店の風景にでもなったかのうように錯覚させる。

 

寂しさを、寂しさと言えない私が、持て余したその黄昏時の闇を宥めるのには、ちょうどよかったように思う。

 

そんな時間もすぐに過ぎて、夜も更けゆく。

気付けば 正体不明になって、お会計をする。

 

今日もやってしまったと、募る罪悪感。

 

親知らずを抜歯した痛み止めが、切れたかのように。

ひりひりと、胸を焦がす。

 

寂しさを散らすお酒の痛み、その思い出。

 

 

人生の半分の期間、寂しい夜をお酒で過ごしてきたとするならば。

残りの半分は、どうしていたのだろう。

 

ふと、そんなことを考える。

 

何か、しようとしなくてもいいのだろうか。

 

寂しさは、そのままに。

 

痛みと、静けさと、祈りとともに。

 

ただ、そのままでいれば、いいのかもしれない。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________