大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

春霞、たなびきはじめて。

急に、暖かくなった。

 

20度近い気温にもなると、初夏を思わせる。

これだけ急に外気温が上がると、身体もどこか気怠くなるようで、ぼんやりとしてしまう。

 

時に、霞始靆/かすみはじめてたなびく。

その字のごとく、春霞がはじめてたなびき始めるころ。

 

ぴりっと張り詰めたような真冬の冷気は、もうどこにもなく。

氷が溶けるがごとく、ゆるやかな春の陽射しのように、ぼんやりとした陽気が感じられるようになった。

 

春。

そう聞くと、よろこばしいことを思い浮かべる。

 

けれど、陽あるところに、陰もあるものだ。

寄り添うように、背中合わせのように。

 

ねむりからのめざめ、あたたかでゆるやか、うれしい、たのしい。

 

そんな春だけれど、冬の間に溜めた毒気が出てくるものだ。

 

春になると、情緒が不安定になることが多いのは、生活環境の変化が多いこともあるが、そんなことからくることも、あるのかもしれない。

 

ふきのとう、こしあぶら、タラの芽、ノビル、セリ。

 

だからだろうか、苦みやえぐみが特徴的な山菜が、旬を迎える。

苦みやえぐみには解毒作用があり、冬のあいだに縮こまった身体に刺激を与えてくれると聞く。

 

毒が出ることを、厭わないことだ。

 

毒も、春霞も、よろこびも、梅花も、ただ流れていくものであり。

それを嫌い、押しとどめようとするから、ややこしくなる。

 

毒があることを、認めることだ。

 

ただ、それはあるだけ。

誰のこころの内にも、あなたのこころの内にも、わたしの内にも。

 

わたし自身は、春になると悲しい記憶を、どうしても思い出してしまうようだ。

 

ぼんやりとした春霞の景色は、痛みとともに想起される。

 

それも、また、浮かんでは消えていく。

どうこうしようと、しないことだ。

 

春霞が、たなびき。

そして、流れていくように。

 

どうこうしようと、しないことだ。

 

毒が、痛みが、苦みが、あることを認めること。

 

それは、この世界に自分が存在することを、認めることと、どこか似ている。

 

f:id:kappou_oosaki:20210223203813j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________